おかめ南天/花御堂/ビオラ☆12月の伝統色

miyako

2020-12-01
-

おかめ南天が綺麗に色づいてきています。
メギ科ナンテン属でお多福南天とも呼ばれますわね。
私、この木が好きであちこちに植えてありますのんよ!




2515.jpg

小低木で南天といっても実はなりませんが、
常緑で初冬の頃に色づいてくれます♪


さて、毎月取り上げてきました「今月の伝統色と俳句」も
いよいよラストの月を迎えました。
12月は何色だったでしょう?

カレンダーをめくると・・「藁色(わらいろ)」となっていました。




0001_20201201194548b30.jpg

こんな色です。
冷たい風が吹き抜け木の葉が落ちる、そんな寂しいイメージですが、
淡く渋い黄色で、稲の藁の色ですね!
そう考えると何だか懐かしくもあります。



ーお写真拝借ー
0002_202012011945508a1.jpg

田舎育ちですからこんな風景を見て育ちました。
私地方のハザカケもこれと同じです。
大人になってから・・ブログをやってから色んなやり方があると知ったことです。




2608.jpg

今は、藁を買ってきますのね。
藁はお野菜を植えたときに使ったりしました。
天然のマルチですね。また土にかえり肥料になる?

地温の調節、雑草防止、水分の蒸散、肥料の流れ防止など
万能の働きをしてくれるようです。

そういえば・・時代劇では雨合羽として使われていますよね。
他にもいろいろありそうで、
稲(藁)というのは最後の最後までお役立ちなんですね。

最初は、えーっ、藁色ですか!地味だなって思ったけど、
日本の主食のお米の藁は一年の締めくくりにぴったりの色だったかもです。




お花も少し・・(笑)

2611.jpg

山茶花・花御堂がたくさん咲いてきました。
私が連れ帰った時は、矢印の下の一輪だけで見えなかったのね。
ここまで咲いた後だったらすぐに売れてしまっていたかもです。




2612.jpg

華やかで~す♪お庭が明るくなります。

何度も登場させてごめんよ!なんでって言うと・・
矢印の少し見えている深めのプランターがありますね。
ここポイント!




2605.jpg

そこに勝手に植わっていたヨウシュヤマゴボウを、
まめこさんを見習って私も抜いて見ました。
根っこはホンマやわ。ゴボウみたいです(笑)




2613.jpg

そして今日の4時半ごろの空・・
買い物から帰った時のどうってことない夕空。
なんでって言うと・・




2615.jpg

夕陽色のビオラを出すための序章~ 笑 笑
これは一番先に植えたビオラで、一杯咲いています♪
はて名前は何だっけ?夕陽色のビオラとしておこう・・
 (≧▽≦) うきゃ~~ それかい。

おっとと・・今月の俳句を忘れていたわ。
『月雪と のさばりけらし 年の暮』 芭蕉
お後よろしいように。



明日も午後は出かけますので、訪問だけでいっぱいいっぱいかも?
コメントクローズしておきます。いつものようにね(^_-)-☆
拍コメに一言リコメ入れておきます。
Ate logo~♥



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

庭・花壇づくりランキング




関連記事