レウィシア☆サンルームと芝庭

miyako

2020-01-29
31 COMMENTS

今朝は気持ち悪いほど暖かでしたが、
夕方の風は冷たかったです。
明日はお日様が見られるのかしら?




001a_2020012919015088f.jpg

縁側テラスではレウィシアのホワイトが咲いています。
冬から春にかけての花なのですね。
ピンク系もあったのに、それはまだ出てきていません。




002a_20200129190151505.jpg

ガーデンシクラメンは夏ごろから頑張ってくれていますよ!
最初に咲いたのは8月の初め・・
夏も冬も咲くなんて、なんてお利口さんなんでしょ!
(途中で休憩がありましたけどね)



✿  ✿  ✿  ✿  ✿



志賀直哉邸のラストです。


003a_20200129190153efb.jpg

食堂から続くのは、サンルームです。  
この時代にサンルームなんて洒落てますよねぇ。




004a_202001291901540ef.jpg

志賀邸は奈良に移り住んだ文化人が多く集まるサロンのようになり、
又、文化活動の拠点ともなったのですね。

武者小路実篤らと共に白樺派文化を奈良に開花させたとありましたが・・
はて?白樺派ってどんなのだったっけ?と考えましたが、
忘却の彼方でありますww




005a_20200129190156fc8.jpg

ちょこっとカンニングをしてみると・・
難しい話は置いといて、要するに同じ理念や作風を共有する人たちのことで、
分かりやすく言えば、上流階級のお坊ちゃん作家のグループですと!

あゝ、だからですねぇ・・お金持ちだったのだ!
納得。

しかし!
人々がここに集まったのは、志賀直哉の高潔さであり、
人を分け隔てしない広い心と、高い理想を持った彼の芸術に
魅かれるものがあったからである。・・と書かれていました。うんうん

白樺派には他に有島武郎もいてます。
思い出したぁ?みなしゃん!




006a_20200129190157a49.jpg

志賀直哉はここに住んでいる間に、「暗夜行路」を完結させ
「万暦赤絵」「晩秋」「山科の記憶」「邦子」
「豊年虫」「雪の遠足」「リズム」などを発表したそうです。
むむ。。知らんなぁww




007a_202001291901591b0.jpg

夫人の部屋から見る庭のようす。




008a_20200129190200d4e.jpg

ところが彼はここに10年余りしか住んでいないのですね。

好きだった奈良の古い文化や自然なのですけど、
時代遅れになろうとしている自分に気づき、
また子供の教育を考え、この後、東京に居を移したのでした。
勿体ないなあ

で、右上の矢印なのですが・・これがね。




009a_20200129190202e4d.jpg

アッと驚く!プールなのですよぉ。(^O^)/
子供たちのために作ったといいます。

ワタクシ、履物を変えまして近くまで見に行ったでございます。
屋根付きプール!うっきゃ~




010a_20200129190203417.jpg

ラストは花で締めくくります。→花・園芸ブログ(笑)
この花は「はるおこし」となっているのですが、
原種アネモネではなかろうかと・・


長々とお付き合い下さいましてありがとうございます♪
ー完ー

本日、何か記事がおかしくなって更新が遅れました。
お写真が出ないなと思ったら、すべて追記のところに入ってまして
書き直しです。やれやれ。。疲れたぁ。。



それではまたね!
Ate logo~♥



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

庭・花壇づくりランキング



































関連記事

Comments 31

There are no comments yet.

mimiha

白樺派。何とも懐かしい言葉でした。
有島武郎の研究をしている方が同人誌の中にいらして、
有島が理想に燃えて地震の農場の改革をし、武者小路実篤もまた
新しき村を作って、今もまだ私の姉が暮らす所からほど近い所に
現存している事。ブルジョアのお坊ちゃんなのですが、ちゃんと
実践に移している所が、やっぱり偉いなあと思ってしまうのでした^^

こんなに素晴らしいお家を作っても、10年で東京に行ってしまうのでしたかー。
穏やかな素敵な奈良がいいのになぁー^^

とっても素晴らしいリポートに大感謝なのでした♪ miyakoちゃんありがとう。

2020/01/30 (Thu) 08:12

onorinbeck

レウィシアって言うんですか!
この花めっちゃ綺麗ですわー。
白い花好きなんです^ ^

2020/01/30 (Thu) 08:47

haha

志賀直哉邸、完結してしまいましたね。
どのカットを見てもとっても美し〜い。
それにしても屋根付プールには驚きでしたね。
何処にも行った事がない私は、画像を拡大しながら行った気になって見てます(笑)
テラスの椅子素敵過ぎ!私庭に欲しいわ‼︎

2020/01/30 (Thu) 09:08

なべ

miyakoさん おはようございます♪

サンルームに子供のためのプールですか…
サンルームはまだしも庭にプールは令和の時代でも庶民には無理ですね(^^;
白樺派 暗夜行路  有島武郎… はるか昔に習ったような気がしますが覚えてません。
ホワイトのレウィシア…麗しい感じの花ですね^^

2020/01/30 (Thu) 10:52
miyako

miyako

To mimihaさん

ミミハちゃ∼ん、コメントありがとうございます♡

有島武郎は心中事件を起こしたのですね。
やっぱりミミハちゃんはこういう文芸の世界に精通しているわね。
私なんて、試験のために代表作を暗記しただけです。。
あとで暗夜行路ってどんなストーリーってググってみたら・・
興味がわいて読みたくなりました。
今頃からですが、これを機会に一冊読破してみようかしら?
この頃は本を読む集中力もままならないのですww

みんな名を成した人は立派ですね。
昭和の初期でしょ!世の中の中心が東京に集まっている時だから
進歩的な白樺派としては行かざるを得なかったのでしょうね。
いえいえ、お恥ずかしいこって。。如何に勉強をしてないかだわσ(^_^;)

たん子ちゃん、心配したよぅ

2020/01/30 (Thu) 11:32
miyako

miyako

To onorinbeckさん

beckさん、コメントありがとうございます♡

この白はくっきりとしていますね。
私も白い花が好きで~す♪

2020/01/30 (Thu) 11:33
miyako

miyako

To hahaさん

hahaさん、コメントありがとうございます♡

お出かけの時の写真撮りは大忙しの早撮りですので、いい加減なんですよぉww
この屋根は使うときには外したのでしょうね。
溝幅を大きくしたようなコンクリート作りでした。
子供のためにって作るっていうのが微笑ましいですね。

拡大ということはスマホでご覧になっているのかしら? 
PCでは大きくならない設定ですの。ムニィ
この時代は、こういうガーデンセットが流行っていてステータスシンボルでした。
私も憧れましたよ~^^

2020/01/30 (Thu) 11:42
miyako

miyako

To なべさん

なべさん、コメントありがとうございます♡

そうですねぇ、庶民はビニールのプールを置くだけですよね。
この時代はタライで行水だったかしら。
私は田舎ですので川や、家に”池”と呼ばれる湧き水の出るところがありました。
野菜を洗ったりスイカを冷やしたりしたものです。
でも去年、とうとう母が埋めてしまいました。。

覚えていなくて私も焦りましたよー汗 汗
ホワイトレウィシア、きりっとした白さです♪

2020/01/30 (Thu) 11:49

かぐや姫

レウィシア、初見です。
”ハナシュクシャ”と百合を掛け合わせたような素敵な花ですね。
今頃の花としてはシクラメンとかクリスマスローズとかプリムラでしょうか。
こんな冬(新春と言った方が相応しいかも)の花もあるんですね。

志賀直哉の本は私の読書暦に残っていませんが(-"-)
テラスや屋根付き外風呂(笑)のようなプール付きの家
当時は「邸宅」だったのでしょうね。

2020/01/30 (Thu) 12:42

トミさん

レウィシア?名前は知りませんが、こんな花をこの時期に見られるのは
嬉しいですね。シクラメンはそんなに長く咲き続けるのですか。ビックリ。
志賀直哉の家のシリーズ面白かったですよ。miyakoさんも中々文才がある。
白樺派、武者小路実篤、有島武郎、暗夜行路、皆名前は知っていますが、
中味は?青春時代は遠くなりにけりですね。

2020/01/30 (Thu) 14:08

園主

底に緑がにじんだ白い花は とてもきれいですね。
さつきの白も 緑がにじんだ方が深みを感じます。
花弁の形も好きですね。
本当にこの時代にしては とってもおしゃれなサンルームですね。
どの部屋も そつなく立派にできていますね。

2020/01/30 (Thu) 15:03

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/30 (Thu) 15:38

れもん

白いお花のレウィシア 綺麗ですね~
このお花の名前 私どうしても言えなくて、 
ほかにもそういうの多いのですけど特になのです(;^_^A アセアセ”” 
しっかりコピペさせていただいてますのね^^

志賀直哉邸、ますます感激です 
サンルームに奥様には温かい南側のお部屋を
それにプールまであったんですね~o(*^^*)oパチクリ
屋根が付いているのも、日本の気候にはすごく合理的ですの✨
こんなに理想を凝らして作られたお屋敷も  
子供さんの教育を考えてお引越しを。。
裕福な方のなさることは優雅ですね~
文学の散歩道のような素敵な記事を
ありがとうございましたm(^^)m

2020/01/30 (Thu) 18:07

okko

ガーデンシクラメンってそんなに花期が長いのですね。
わが家のヘデリフォリウムは夏ごろに咲いて秋にはもう
葉っぱだけです。この葉っぱは一年中見ているような・・・(^^ゞ

志賀直哉邸、とってもモダンですね。今でも十分住めそうな・・
たった十年しか使ってないなんてもったいないですね。
うちの近くにも日本家屋なんですが大きなプールがあるお宅があります。
でも塀でばっちり隠してあって全容はいかに?
ドローンなら見られますね(>_<)。

2020/01/30 (Thu) 19:41
miyako

miyako

To かぐや姫さん

かぐや姫さん、コメントありがとうございます♡

ハナシュクシャってジンジャーのことですよね。
レウィシアは小さな花なんですよ!
原産地はオレゴン州からカルフォルニア州にまたがる山地となっています。
スベリヒユ科になりますので、多肉orサボテンに似ているように思います。
以前、地植えにしていたら地面に張り付くような形になったので、
今は小さな木のプランターに植えていますの。
背丈はガーデンシクラメンくらいです(^^)/

文豪と言われる方の本は案外読んでないようですね。
試験のために代表作 を覚えただけですわァ( ;∀;)
プールというよりは水遊び場ですね。外風呂然りppp
かなり裕福ですね。

2020/01/30 (Thu) 20:23
miyako

miyako

To トミさんさん

トミさん、コメントありがとうございます♡

冬に咲く花はあまり水やりをしてはいけないようで、
ぐーたらな私には向いているかもです。
でも屋根の下に置いて気を使ってはいます(笑)
ガーデンシクラメンも大の苦手だったのですよ。
寄せ植えに入れ込むと必ず失敗していました((+_+))
単体で固めて植えておいたら良く咲くようになったのです♪

(*´σー`)エヘヘこういうのを書くのは疲れますわぁ。。
そうなんですよね、言葉は覚えているけど・・何?と聞かれると慌てます。
自分でもお勉強になりました(^^)/

2020/01/30 (Thu) 20:34
miyako

miyako

To 園主さん

園主さま、コメントありがとうございます♡

さすが栽培家さんですね。色の見方が違います。
緑が入っているのですか!だからより白いのですね。

私もお写真で行った時を振り返りながら・・
あんな家に住んだらなぁとあれこれ妄想してましたよ^^
サンルームにシャワーなど進歩的ですよね。

2020/01/30 (Thu) 20:39
miyako

miyako

To -さん

鍵コメさん、コメントありがとうございます♡

おっ、鍵コメさんは行かれたことがあったのですね。
プールですとぉ?と確かめに行きました(笑)

2020/01/30 (Thu) 20:43
miyako

miyako

To れもんさん

れもんさん、コメントありがとうございます♡

レウシアと呼ばれる方もいるような・・
庭植えしている時は大の苦手さんでしたが、
そのころに比べ花自体が育てやすくなっているようなんですね。
耐寒性多年草となっており四季咲き性も強く色もカラフルにあるんですよ!

志賀邸は男尊女卑の日本としてはかなり大事にされていますね。
そして直哉氏もなかなかスカッとした男前でありました(笑)
屋根なら今ではパラソルというところですね。
10年ちょっとでお引越しなんて、引っ越し先のお家がとても気になる私ですpp

2020/01/30 (Thu) 20:57

ふーちゃん

お庭も含めて立派なお屋敷ですね。
きっとここにはハイソサエティな人々が集まったのでしょうね。
夢のような空間ですがなんとなく想像できますね。
志賀直哉邸を楽しませていただきましたv-392

一つ目の白い花、たぶん初めて見ました。
ほんとに色々な種類があるものですね。
白い花、好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2020/01/30 (Thu) 21:00
miyako

miyako

To okkoさん

okkoさん、コメントありがとうございます♡

私もガーデンシクラメンが夏に咲いたときはビックリしました!
暖冬で原種さんもサイクルが狂ってしまったのかしら?
葉っぱは下草のようでいいじゃないですか^^

ほんと!もったいない話です。
日本の邸宅にはがっちりした塀がつきものですものね。
あはは、ドローンで見る!
ドローンの使い方いろいろねppp

2020/01/30 (Thu) 21:05

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/30 (Thu) 22:38

sato

こんにちは^^

白のレウイシアはいいですよね。
去年は我が家も白でした。
今年は生協で頼んだのでピンクになりましたけど
次々咲いてくれるので有難いです。

こんなに意匠を凝らしたお家もわずか10年でしたか?

この時代の文豪たちは揃っていましたね。

2020/01/31 (Fri) 09:35
miyako

miyako

To ふーちゃんさん

ふーちゃんさん、コメントありがとうございます♡

デスです。場所も良い所だしね。
類は友を呼ぶかしら・・
今の時代でも贅沢な空間ですわぁ。

レウィシアは以前に比べ育てやすくなったみたいです。
他にもピンクやオレンジなどがあるんですよ!
私も白い花、特に木に咲く花が大好きです♪

2020/01/31 (Fri) 10:52
miyako

miyako

To -さん

鍵コメさん、お知らせありがとうございます♡

それはそれは・・こちらこそ頼んまっせ~(笑)

2020/01/31 (Fri) 10:54
miyako

miyako

To satoさん

satoさん、コメントありがとうございます♡

レウィシア、楽しませてくれますね♪
ピンクもあるのですけど白が出てるときはピンクはお休みで、
ピンクが咲くときは白がお休みと、交代ですねぇ(笑)

何だか学校のお勉強を思い出してしまいます。
でも実際は、さわりしか読んでないことに気が付きました。
老後の目的にこういう本を読んでみようかしら?なーんて^^

2020/01/31 (Fri) 10:59

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/31 (Fri) 16:44

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/31 (Fri) 17:38

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/31 (Fri) 20:34
miyako

miyako

To -さん

鍵コメNさん、何度もありがとうございます♪

お手数かけてすみません。
私も鍵コメにしておけばよかったのに、でした( ;∀;)

2020/01/31 (Fri) 21:53
miyako

miyako

To -さん

鍵コメRさん、コメントありがとうございます♡

そうなんですよぅ、私も1月の最終weakは長く感じました。
1月は何もかも予算オーバーだったからかしら(笑)

ガーデンのつくシクラメンの方が丈夫ですね(^^)/

2020/01/31 (Fri) 21:58