寒椿☆素敵な奈良・高畑町

miyako

2020-01-23
28 COMMENTS

寒のつく花、第2弾・・寒椿です。




DSCN1154a.jpg

モノトーンの冬景色に映える紅色の花。
椿となってますが、山茶花の仲間で、
日本特有のものです。




DSCN1151a.jpg

山茶花と椿の交配種になり、
花期は長く12月から3月くらいまで咲き続けます。




DSCN1152a.jpg

よくわかるお写真がなくてごめんなさいですが・・
雄蕊がくっつかず離れているのが山茶花で、
くっついて筒状になるのが椿ですね。
ですから花びらもバラバラと散ります。


✿ ✿ ✿ ✿ ✿


さて去年の旅話がもう少し残っていますので、
季節の花と共にご紹介させてくださいね。




208a_20200123191806d46.jpg

奈良、高畑町にあります「志賀直哉旧居」
こちらは去年の5月に、
藤の花を見に行った時、偶然見つけました!

『とにかく、奈良は美しい所だ。
自然が美しく、残っている建築も美しい。
そして二つが互いに溶け合っている点は
他に比を見ないと言って差し支えない。
今の奈良は昔の都の一部分に過ぎないが、
名画の残欠が美しいように・・美しい。』
(「奈良」より)





158a_2020012319180798a.jpg

高畑町には、志賀直哉と前後して、
多くの画家や作家が移り住んできたようです。
志賀邸のある高畑裏大道一帯は、東は春日山の原始林。
北には春日の杜の緑が展開する風光明媚な屋敷町でした。




160a_20200123191809d82.jpg

まずは2階の書斎付き居間です。
この低めの腰高の窓、懐かしい作りですねぇ。
ここに肘をついて外を眺め、道行く人たちを
ぼんやり見やっていたことでしょう。




162a_20200123191810035.jpg

見下ろしたお庭です。
窓が三方にあって風が吹き抜け
とても気持ちの良い空間でした。(5月ですよ)




161a_20200123191812a61.jpg

これは何と呼ばれるものなのかしら?
戸全体が上に上げられて、屋根のようになり
雨や日差しをさえぎることが出来ますね。




164a_20200123191813416.jpg

2階は二間ありまして、これは書斎の方の窓です。
半月型でお洒落~♪
ちょっと障子を開けさせてもらいました。^^


この屋敷は、直哉自ら設計の筆をとった邸宅です。
たくさんお写真がありますので何回かに分けて掲載いたします。
どうぞお付き合いくださいませネ。



それではまたね!
Ate logo~♥



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

庭・花壇づくりランキング



関連記事

Comments 28

There are no comments yet.

なべ

miyakoさん こんばんは♪

志賀直哉の旧居、日本庭園も立派な塀もある豪華な邸宅だったんですね♪
こうして写真を拝見している時だけ志賀直哉のような作家気分でした^^

2020/01/23 (Thu) 21:36

園主

寒椿は 花の時期が長いんですね。
花の少ない時期に 賑やかになりますね。
物書きさんにとって いつも住んでいる家は影響が
大きいのでしょうね。
佇まいも重厚で こだわりが凄いですね。
よく 旅館に滞在して書いた 等も聞きますね。
うちの家は うちのに一任して建てました。
こだわりがないんですよ。

2020/01/24 (Fri) 08:21

mimiha

志賀直哉邸 流石ですね。
息子の暮らす大磯には、駅からほど近くに、島崎藤村の
旧居があるのだけれど、それの何十倍も志賀直哉邸は立派👀
お庭が凄いですね。(木が多すぎるとは思うけどppp)
奈良、本当に奥が深いですね^^ 私、圧倒されてため息がでたーー^^

2020/01/24 (Fri) 08:23

onorinbeck

志賀直哉の旧居って奈良にあったんですねー。ここで、数々の名作が生まれたんでしょうね。

2020/01/24 (Fri) 09:40
miyako

miyako

To なべさん

なべさん、おはようございます。コメントありがとうございます♡

ここの通りは春日大社に行く横道の方なんですけど、思わぬ発見でした。
道を挟んだすぐ隣は画家の足立源一郎宅です。(画家の名前ってあまり知りませんけど^^)
落ち着いた雰囲気のちょっと穴場ですね。又、時間があれば行ってみたいものです。

2020/01/24 (Fri) 10:13
miyako

miyako

To 園主さん

園主さま、コメントありがとうございます♡

山茶花や椿は葉も緑濃くて冬の殺風景さを補ってくれますね。

志賀直哉は奈良の古い文化に憧れていて、最初は別のところに
借家住まいだったようです。
私も家には拘りがあって原案は自分で考えました。
女性は家の主ですね(笑)

2020/01/24 (Fri) 10:20
miyako

miyako

To mimihaさん

ミミハちゃん、コメントありがとうございます♡

大磯には藤村が!文人の住むところは何かしらその人なりの
拘りがあるのでしょうね。
あはは^^5月でしたから緑がもりもりでしたね。
夏にはさっぱりと剪定が入ったと思いますが・・
あとから出てきますが、芝生のお庭もあるのよ~♪
この界隈とても素敵です。

2020/01/24 (Fri) 10:25
miyako

miyako

To onorinbeckさん

beckさん、コメントありがとうございます♡

奈良の別の町には、武者小路実篤も住んでいたのですよ~
ここで書いたのは暗夜行路の完結編だったようです。

2020/01/24 (Fri) 10:30

トミさん

寒椿はツバキとサザンカから生まれた花なのですか。
知りませんでした。確かに特徴を読みますと両方の
特徴を持っているようですね。
志賀直哉の居宅が奈良県にあることも知りませんでした。
てっきり東京に或るものと思っていました。
志賀直哉の居宅の続き、楽しみにしています。

2020/01/24 (Fri) 14:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/24 (Fri) 14:36
miyako

miyako

To トミさんさん

トミさん、コメントありがとうございます♡

今、咲いているものはだいたい寒椿ではないでしょうか?
根元を見ると一目瞭然ですね。

志賀直哉がこの家に住んでたのは10年くらいで、
このあと東京に行っています。なので旧居となっているのですね。
なぜ移ったかは続きで書いていきますね(^_-)

2020/01/24 (Fri) 17:19
miyako

miyako

To -さん

鍵コメさん、いつもありがとうございます♡

私たちは奈良と滋賀にはよく行きますね~♪

2020/01/24 (Fri) 17:21

園長

志賀直哉の旧居って
旅行に行った尾道にもあったな~と思って
ちょっと調べたら
ずいぶん あちこちに転居しているのですね。

いろんなおうちに住んできたから
家の設計についてもプロ並みだったのかな。
感性の高さは言うまでもなく♪

ちなみに尾道には暗夜行路ならぬ
パン屋航路っていうパン屋さんがありました(笑)

2020/01/24 (Fri) 18:59

れもん

こんにちわ 
志賀直哉は奈良の高畑町に住まわれていたのですね~
奈良県とは驚きながら感心しながらです
立派な住宅とお庭ですね~
静謐な武家屋敷のような雰囲気が漂っていて 
作家志賀直哉の文学と重なるようにも想います
こうして見せていただけるのですね  
続きも楽しみにしています^^

寒椿・・近くで見るのはホントに背が小さい品種ばかりで 
こんなに大きな木に咲いている寒椿 はじめてかもですニコッ^^
そうですね 見惚れてしまう華やかさです✿❀



2020/01/24 (Fri) 19:17

よっちん

私も高畑町界隈の
落ち着いた佇まいが好きです。

カメラ片手に散策するのが
楽しい街ですね。

2020/01/24 (Fri) 21:18

ふーちゃん

見事な山茶花ですね。
いっぱいお花を付けて色も好きです!
遠くからでも目を引いたことでしょう。

志賀直哉邸の落ち着いたたたずまい。
2階?から見えるお庭も含めて素敵ですね。

2020/01/24 (Fri) 21:28

海月

本当にお久しぶりです
台風被災でごぶさたしてるまに、こんな花も咲いちゃってさ

冬季は開花期間が長くなぬけど、それでもこちらでは三ヶ月もは咲き続かないな

2020/01/24 (Fri) 23:12
miyako

miyako

To 園長さん

園長さん、コメントありがとうございます♡

あらまぁ、尾道にもありましたのね。
京都から奈良に来たのだと思ってました。
私もググってみますと、尾道で暗夜行路を書き出したようですね。
次は一階の方に進みますけど、なかなかハイカラで工夫もされていました。
私も出来ることなら違う家にもすんでみたかったな~(笑)

パン屋航路、ウケますね!プププ

2020/01/24 (Fri) 23:31
miyako

miyako

To れもんさん

れもんさん、コメントありがとうございます♡

その前は京都の山科におられたようです。
それから奈良の農家を借りて、高畑に移ってこられたのですね。
で、その後は東京に移られたそうです。
正直、私も驚きました!帰りしなでしたのでその辺りは周っていませんが、
この次はもっと散策してみたいものです。
もとは春日大社の神官の社家跡みたいですよ。

寒椿は特に大きくなるようですね。 
冬空では全体がなかなか綺麗に色がでないので、中途半端な写し方になってます。(*´ω`)

2020/01/24 (Fri) 23:42
miyako

miyako

To よっちんさん

よっちんさん、コメントありがとうございます♡

そちらの方ご無沙汰していてすみません。
プロフィール画像はどうやって設置するのかしら?ポリポリ

高畑町は前から何となく気になっていたところでした。

2020/01/24 (Fri) 23:46
miyako

miyako

To ふーちゃんさん

ふーちゃんさん、コメントありがとうございます♡

1月は花が恋しい季節で、何かしら懸命に探してしまいます。
そんな中、寒椿はわりと目立つ花ですね~♪

あの家の2階の造りがとても好きですわ!
でも小さな子には危ないかも?pp

2020/01/24 (Fri) 23:51
miyako

miyako

To 海月さん

海月さん!?まぁびっくり!!
コメントありがとうございます♡

どこかにブログ引っ越しをされたのかと思っていましたよ。
台風の被害が大きかったのですねぇ、ショックなことだわ。。
それでも植物は何かしら出てきます。
海月さんもがんばってぇ~ またお伺い致しますね!

2020/01/24 (Fri) 23:56

ひーさん

志賀直哉邸♪

こんばんは~♪
奈良公園から少し歩いたところにある邸宅ですよね?
私もあのあたりを歩いていて偶然見つけました^^
大きなお家で、隅々まで工夫がしてあり、
私もこんな家に住みたいな~と思うような
気持ちいい家でした(*^_^*)
実際に見ると古さがどうしても目立ちますが、
とても美しく撮られていますので今でも住めそうに見えますね♪
「奈良」は志賀直哉の文章でしょうか?
こういう文章を残されているのは知りませんでした(#^_^#)

2020/01/25 (Sat) 00:56
miyako

miyako

To ひーさんさん

ひーさん、コメントありがとうございます♡

車をこちらの方の駐車場に入れますので、
この辺りを歩いていくことになりますのね。
広くて立派ですよね。短期間しか住んでなかったようですが、
その後はどうなっていたのかなと、ふと頭をかすめました。

「奈良」は随筆ですね。
他にも”奈良にうまいものは無し”という言葉が有名ですが、
あれは微妙にニュアンスが違うみたいで、これというものはないが、
蕨餅と豆腐はよいと言っているようですね。
偶然の出会いで色々お勉強しちゃいますわ~(笑)

2020/01/25 (Sat) 10:56

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/25 (Sat) 18:44
miyako

miyako

To -さん

鍵コメさん、お休みなのにいつもありがとうございます♡
そちらにお伺いいたします(^_-)-☆

2020/01/25 (Sat) 20:26

mai-ciel

こんばんは。
山茶花と椿ってこんな違いがあるんですね。
これからじっくり観察してみます。
近頃、椿 (山茶花かもしれませんが、)も色々な種類がありますね。
バラのようなのも見かけます。

2020/01/27 (Mon) 19:35
miyako

miyako

To mai-cielさん

mai-cielさん、コメントありがとうございます♡

パッと見はサザンカと寒椿は分からないですよね。
これは公園にあるから名札がついているの(笑)
あとは立ち性とかで寒椿は大きくなるようです。

多分、椿の種類だと思います。
椿園とか椿山(奈良)がありますもの。
八重の白の椿なんてカメリアの名にぴったりのものを見たことがありますが、
薔薇かと思って車を停め近づきましたわよ!(笑)

2020/01/27 (Mon) 20:44