つるバラ誘引見学・・その①

miyako

2019-12-14
9 COMMENTS

レッドヒルのローズガーデンにて
つるバラの誘引見学会がありました。
この時期は大抵、雨が降るとか風がきついとか寒いことが多いのですが、
この日は大変暖かい日で良かったことです♪




004a_201912141929129ea.jpg

いつも遅れて行くことが多い私・・
もう始まっていました。
ガーデンの正面入り口にあるナエマのアーチのところです。




page1_201912141929142b9.jpg

のっけからヒェ~~~とびっくりする大胆なカット!
矢印の下から出ている大枝をバッサリ切ってしまわれました。
下の方の日の当たらない枝は咲きにくいからだそうです。

咲かすには日が当たるようにフェンスに張り付ける。
手前の空いてしまった処は、枝を短く切ってその場所に咲かすようにする。



009_20191214192915ff9.jpg

これもナエマで、こちらはクルクル巻きつけたものです。
ショートクライマーやシュラブタイプは花が付き難く
ランブラーは花が付きやすい。
(↑この辺のこと、言葉がまだよく理解できません^^;)




007a_20191214192917b1a.jpg

このコーナーは、広げて低くたくさん咲かせる処です。
ローズスタイリストを使って枝の位置を決めています。
枝を横にした方が、葉がたくさん出て花もたくさん咲くということですね。





008a_20191214192918a54.jpg

足元が見えてしまう時は、
冬の間は枝の先をフラットに誘引しておいて、
蕾がついたら下げるようにすると良い。

ローズスタイリストは下げるばかりでなく上げることも出来ます。

スノーグースなどにお薦めだそうですが、
これは場所が広くないと出来ませんね。




013a_2019121419292056d.jpg

次はこちらのグレーフィン・ディアというバラです。
ブッシュ仕立てとフェンスに這わせたもの、両方があります。




page5 (2)

さて切っていきますが、先生はニンマリ嬉しそうです(^m^)
剪定は面白くってたまらないと言ってはりました。




page3_201912141929228d6.jpg

始まりました~!
切って切って切りまくり~♪
なんでかっていうと、前に植わっていて大きくなりすぎたから
後ろの方のバラの邪魔をしているからだとか。




019a_20191214192923bb8.jpg

まだまだ、不必要な枝を切ってしまいます。
とっても楽しそう(笑)




page4_20191214192925448.jpg

そのお隣にあったちょっと枝が少ないものは、
どうするのですか?という質問に答えて
これもやって見せてくれました。

取り敢えず短くしてから、見極めの説明です。
枝が少なくて元気がなさそうだけど・・
根張りもしっかりしていて、よく見ると下から新芽が出ているのです。

だから又、一本はちょん切りましたぇ~!
しかも新芽もむしっちゃいました!ムッハー


・・ということで第一部終わりです。
しか~し、先生の鋏の良く切れること!
ぶっとい枝を剪定鋏でパキッと切るのですから・・



私が、つるバラの誘引をしたのは去年が初めてでした。
まだ全然分かっていないので、見学ツアーに行って良かったなと思いました。
先日、少しだけやったのですが、ハッとすることありましたもんねぇ。



それではまたね!続きます。
Ate logo~❤



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

庭・花壇づくりランキング





関連記事

Comments 9

There are no comments yet.

mimiha

なんとぉー。こんな嬉しい講習会があるなんて^^
プロの剪定鋏、見てみたいですっ♪ パチンパチンと
手際よく切って行く姿、良いですね。
そそ、ランブラーというのは、枝が長ーーく伸びるバラ
ですー。ポールズヒマラヤンムスクとか、夢乙女など^^
でもこのタイプは、一季咲きのバラが多いかもー。
赤塚さんのバラの数・・・ 物凄いデスねー!!

2019/12/15 (Sun) 00:09

園主

有意義な一日でしたね。
いつも遅れているので 今回は早めに行かれたのかと思って
読んでいましたが 今回も遅れたんですね。
私は早くしないとダメなので うちのから嫌がられますよ。
先生の作業を実際に見るのが 一番参考になりますよね。

2019/12/15 (Sun) 10:31

よっちん

こういう講習会があるんですねぇ。

今日はのんびりとした日曜日。
紋クンと散歩に行って
あとは好きな音楽を聴いたり
昼間からお酒を飲んだりしています。

先週は疲弊しすぎたので
今週は元気を回復しないとね。

応援ぽち

2019/12/15 (Sun) 12:29
miyako

miyako

お便りありがとうございます♪

v-4ミミハちゃんへ
意味は何となく分かるのだけど・・説明はと言われると出来ないのね^_^;
新しい言葉は覚えられません。。
最近ほんとに物忘れが多くて、ブログをやってるからこそ思い出すようにしたりして。

プロは道具も大切にしていますね。

v-4園主さまへ
あはは(^▽^;) そうなんです。
ギリギリ時間で出ているから前の車が遅いのばかりだと遅れてしまいますの。
でもね、スタッフの案内とご挨拶位だから・・ままいいか^^

恐がらずにバキバキ切って良いのだわって思いました。

v-4よっちんさんへ
私も先週までは慌ただしかったです。
やっとゆっくり家のこと庭のことに目を向けられますわ。
紋クン、お散歩喜んだでしょう~♪
たまには何も予定のない日曜日もあっていいですよね

2019/12/15 (Sun) 12:48

okko

きれいなバラを咲かせるためには寒い時期に
こういう作業が必要なんですね。
冬に植え替えしないといけないのでバラはもうやめた・・・
とおっしゃる方もいます。
私もいただいたバラが3鉢あるので、寒さにひるみながら
それだけはしようとおもっているのですが・・・。

2019/12/15 (Sun) 13:06

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/15 (Sun) 17:16
miyako

miyako

お便りありがとうございます♪

v-4okkoさんへ
そうなんです、バラはそれがネックになりますね。
ですから私も長く手をつけなかったですよ。
寒い時期には何もしたくありませんものね。
私も最初は棘のある物を植えてはいけないという言い伝えを守って
鉢植えにしていました。
けれどやっているうちに鉢植えの方が大変だと気がついたのです。
地植えにしてしまった方が数段冬のお世話が楽なんですね。
(この分は既にもらった時点で鉢替えをしておきました^^)

v-4鍵コメさまへ
今年もそんな季節になりましたね。
いつもご苦労様です。
お忙しいところありがとうございます♪
後のこっている4鉢(いただき物)も来春には地植えにしてしまうつもりです。

2019/12/15 (Sun) 17:34

なべ

miyakoさん こんばんは♪

素人の私には詳しいこと解りませんが、バッサバッサと枝を切る大胆な剪定は気持ちよさそうです。
剪定ばさみもそうですが講師の方の手袋が気になりました。
もちろんバラの棘にしっかり対応した専用の手袋なんでしょうね♪

2019/12/15 (Sun) 19:07
miyako

miyako

お便りありがとうございます♪

v-4なべさんへ
お帰りなさ~い!
先生のお話を聞いていると、バラの剪定ってそんなに怖がらなくても
良いのだなって思えて来ます^^
仕立てなんかも自由自在に出来るみたいで、
私はそんなに大きくしないでおこうと思います(^^)/

手袋はバラ専用のもので、私も一応持っていますが、
嵌めてると上手く仕事が出来ません^_^;
先生なんて手袋をしたまま紐がむすべるのですよぉ(^O^)

2019/12/15 (Sun) 20:38