大和郡山まち巡り

miyako

2019-02-28
-

大和な雛まつりの「てくてくMAP」を見て、
行って見たいところがもう一ヵ所ありました。




213a.jpg

こちらの箱本館「紺屋」です。
箱本とは町の自治組織のことで、郡山の紺屋町は、
藍染を職業とする人が集まった職人町でした。

豊臣秀長のの時代に出来た箱本十三町のひとつであり、
地子を免除された有力な町でもありました。




214a_2019022722031441a.jpg

中にはいるとまず吊るし雛が目に入ります。




218a_20190227220315be7.jpg

段飾りもあるのですけど、
吊るし雛のなかに埋まりそうです。




216a_20190227220316547.jpg

こんな上にも吊るされています。




220a_201902272203204a7.jpg

これは染め場やオクドさんの復元です。
江戸時代から続いた藍染め商の町屋を
藍染体験など楽しめる空間に再生したものなんですね。




221a_201902272203218c0.jpg

道理でつるんとした綺麗なものでしたわ(^m^)

体験工房はこの奥の方だったかな。
そこは行ってませんけど・・
天然灰汁発酵建てという昔からの方法で仕込んだ藍で
ハンカチなど染め体験が出来るそうです。




224a.jpg

藍染ショップ




223a.jpg

そして、大和郡山と言えば・・金魚でも有名であります。
布で作ったデッカイ金魚が吊るされていました!

金魚をコレクションした展示室もあるのですよ。
今回はお雛さま目的でしたのでパスです。

金魚の起源も古く江戸時代中期頃からで、
柳沢吉里が甲府から郡山に転封された時に、
家臣が持参したことに始まるといわれています。

金魚好きな方はぜひ見に行ってくださいな!



いつもお立ち寄り下さいましてありがとうございます♡
大和な雛まつりは、今年も3月3日まで行われています。
Ate logo




ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

※今日はお絵描き教室で初めての雪を描きます。
どうなることやら・・



関連記事