FC2ブログ

不思議な桔梗♪☆時を経たカサブランカは?・・


こちら地方は今年初めての34度になり、
熱中症注意が出ておりましたが、
風があり、そんなに暑くは感じない一日でした。




001a_20180713200505e4f.jpg

皆様のところでは、とうに咲いている桔梗が、
我が家では今週になって咲きだしました。

わわっ、エンコロ草と共演していますやん(汗




014a_20180713200506b15.jpg

ところが・・毎年、言っているのですけど
この桔梗は不思議なんですよ。
よーく見て下さいな!

一重と八重が一枝に混じって咲くのです(^^)/
左と上の花が八重、右が一重ですね。




038aa_201807132005079e5.jpg

そして・・カサブランカの百合は、
真っ白で気品のある花を咲かせますよね。
(まだ咲いてないので去年のお写真です)





018a_201807132005081a7.jpg

しかし、桔梗のそばにあるツツジの足元から
窮屈そうに出てきている百合が一本あります。




002a_20180713200509cd8.jpg

もう少し近づいてみます。
これは一番最初に植えたカサブランカなのですよ!
背丈が半分くらいしかありません。




010a_20180713200511c04.jpg

前にまわってみると・・こんな花です。
“違うやん、!真っ白ではないやん”
と思われましたよね。

ですが、紛れもなくカサブランカなのです。
10年以上前になるとは思うのですが・・
何のお世話もせずに植えっ放しにしていました。




009a_201807132005129b9.jpg

5年くらい前から、こんな風に咲くようになりました。
これは原種返りをしてしまったものと思われます。
カサブランカは、山百合やタモトユリを掛け合わせたものなんですね。

妙に思って4年前に調べて、別サイトで記事にしたことがあります。
ちょこっと書き写してみますね。




お写真おかりしています。↓タモトユリ
tamoto-2.jpg

タモトユリ?!
初めて知る名前です・・

これがタモトユリ。
普通のユリは下を向いて咲くのに対し
タモトユリは、上を向いて純白の花を咲かせるのだそうです。

そして・・
タモトユリを調べていたら、、、
『トカラに咲く悲しき高貴な花』の物語を知りました。。

トカラとは、鹿児島県の秘境トカラ列島のこと。
その中の口之島に自生していた野生のユリがタモトユリです。

上品な香りを持つ「最も高貴な花」であったタモトユリ・・
戦後、アメリカの統治領から日本に復帰した直後、
トカラは大変貧しい島でした。

そんなトカラに目を付けた海外の園芸業者が
ユリの球根を買い取ると言い
島民はその申し出を受け、その結果、
タモトユリは乱獲され絶滅への道を歩みます。。

タモトユリは、険しい断崖に咲くユリでしたので
栽培も難しく簡単に増やすことは出来ません。
鹿児島県は慌てて天然記念物に指定しますが・・
時、すでに遅し。。
球根はほとんど掘りつくされていました。。

そうやって海外に渡ったタモトユリやヤマユリを
交配種と掛け合わし生まれたのが・・
「カサブランカ」ということです。




tamoto-1.jpg

あまりに美しかったために
身を滅ぼしてしまったタモトユリ・・

名前の由来は、
人が容易に近づけない潮風の吹き付ける断崖絶壁に、
命綱を下ろし掘った球根を、
着物のたもとに入れて持ち帰ったことから、ついた名だそうな!

ひょんなことからカサブランカの生い立ちを知りました。
いつの間にやら原種に戻っていた我が家の元カサブランカが、
もっともっと戻って行って・・
タモトユリになってくれれば良いのになぁって、
せめて・・儚い夢を見ることにいたしましょう!!


※現在は又、販売されているようですが、超~高値です!




012a_20180713200517dce.jpg

我が家のカサブランカは、まだこんな蕾です。
いつも分からなくなるんだけど・・
この2本の内のどちらがひとつが、まだ新しいカサブランカです。
今年も白く咲いてくれるかしら?



長々とお読み下さりありがとうございます♡
今夜は小さな夢をみましょ!
Atelogo


コメントにお返事は出来ませんが、
応援と共に励みになり、嬉しく読ませて頂いております(^∇^)
お手数をかけますが、こちらもポチッとクリックお願い致します。
感謝です~♪(*^ ・^)ノ⌒☆  


ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

No title

カサブランカには
そんな由来があるのですか。

欧米の連中というのは
世界各地で動植物を乱獲し
絶滅に追いやっていますよねぇ。

応援ぽち

No title

たもとユリには、そんな過去が詰まっていたのですね。百合は美しすぎて、海外のプラントハンターの標的に><

今年も百合の季節(こちらは8月に入ってから)
ユリは本当に素晴らしいですね。

しかし、一重と八重が同時に咲く桔梗!! すごいよぉーーー^^

No title

キキョウのふたごちゃん^^みたいだねっ

カサブランカはこうして進化してきたんだね^^
ユリの王様だもの^^

No title

桔梗、好きな色です。とても綺麗ですね。カサブランカ。タモトユリとの因縁みたいなものを読んで、植物にもいろいろなドラマがあるだと思いました。もっともっと戻って、タモトユリにまで戻ってしまえばよいのに、って私も思いましたよ^^

おはようございます♪

このキキョウ、確か去年も見せてもらって
不思議だなって思いましたよ。
でもやっぱり、キキョウは一重が好き(^^;)

タモトユリは10年くらい前、鳥取の植物園のユリ館で見て
名前の由来などは知っていましたよ。
う~ん、せっかく自生していたユリたちなのに
残念な話ですね。

カサブランカの蕾もいっぱい\(^o^)/
咲くのが楽しみですね。

No title

お早うございます。

正直言って・・・
どれがカサブランカやら山百合やら見分けがつかないのですが、昔から”山百合”と言われる物や”オニユリ”と呼ばれたオレンジ色の野生の百合が好きなんです。(^_^.)
この頃はそれらの群生も見る機会が無くなってしまい、悲しいですね!

No title

みやしゃんは
勉強会に行くだけあって
どの花のことも勉強しているね。

桔梗、変わり咲きなんかしら。
こんな風なのみたことないよ。

No title

桔梗の花は 八重も一重もすっきりときれいですね。
この季節によく合った花だと思います。
カサブランカの豪華さには 度肝を抜かれますよね。
私もいつかは植えたいと思っています。
タモトユリのお話は ちょっと悲しいですね。
美しい自生の花は ほとんどが乱獲の運命を辿るのですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

miyakoさん こんにちわ
桔梗がすっきりとしたお色で綺麗です~
一重と八重と一緒の株に咲くんですね
八重咲きにも驚きですが、一緒にということにもびっくりんです!(^^)!

タモトユリからカサブランカへのお話 
哀しい物語ですけど、そのことで
島の人たちの生活が守られたのですから
タモトユリは今もみなさんの胸にしっかりと残っているのですね
そうですネ いつかまた戻ってほしいように思います。。
そういう歴史があったカサブランカですから、優雅に輝いてほしいです(*^_^*)
うちのカサブランカ 今年から大事に養生いたしますm(^^)m 

No title

キキョウの八重は初めて見ます。しかも一重と同じ枝に咲くなんて、不思議不思議・・・。

タモトユリ、何と清楚でそれでいて凛として・・・美しいユリですね。悲しい歴史があったけれど、復活しているのですね!よかった。

No title

こんばんは♪

八重と一重が混在している桔梗って珍しいですね♪
そしてカサブランカにはこのような生い立ちがあるとは初めて知りました(^^;

No title

今日は猛暑の中
京都に行ってきたのですが
なんと38.5°という
恐ろしい気温だったようです。

ああ、昼間はペットボトルのお茶を飲み
夕方からはビールを飲みすぎました。

応援ぽち

No title

カサブランカ、先祖帰りするんですね。( ° o ° )びっくり!
私も、白い斑点がヤマユリのようと思って調べたことありました。
タモトユリ、きれいですね。を向いてスカシユリみたいな咲き方ですねぇ。

それにしても、カサブランカを10年も咲かせてるなんて
miyakoさん、さすが!
うちの前の株は3年くらいで咲かなくなって消えました。
来年、マンションの改修工事が終わったら
うちも地植えしてみようかな。
先祖帰りが見てみたいです。

No title

原種返りってあるんですね。環境に対応していく為に変化しているんでしょうか?
私の住んでいる所はまだ田畑が残っている地域ですが、最高気温が37度になりました。コンクリートだらけの所は40度ぐらいになっているかもしれません。
熱中症にお気を付けください。

No title

赤い斑点のあるカサブランカは
うちにある改良山百合の
オーラタムゴールドバンドにそっくりです!
そうかぁ、
カサブランカも先祖返りするのねぇ。

今度ゴールドバンドの写真をアップしてみるので
見てみてくださいな。
ほんとにそっくりなのよ~

No title

みやしゃん

あぢ~~

あのね。
ブログのコメント、少し形態を変えた。
この暑さが私をダメにしそう(ー_ー)!!
今日はこれから神戸に出かけるわ。
この暑さで、帰ってきたとき
脂肪だけ溶けていればいいのだけど(^_-)

おはようございます♪

毎日暑いですね。
外に出ると焦げ付きそうになります。
miyakoさんも、熱中症にならないように
注意してくださいね。

タモトユリはとても綺麗でしたよ。
名前の通り、袂に入れて帰りたいくらいでした(*´∇`*)

No title

昨日、京都の嵯峨野を歩いたのですが
38.5℃まで気温が上がったようです。

外国からの観光客が
日陰で苦しそうにしていました。
まさか日本がこんなに暑いとは
思わなかったでしょうねぇ。

応援ぽち

No title

miyakoさん なんだか暑すぎるんですけど・・笑)
午後の2時ごろお買物に行ったら 
駐車場にも店内にもほとんど人がいなくて・・
思慮が足りないということですけど^^
ワタシってばすごいなんて、うぷぷしちゃいました(・_・)ヾコレコレ  
動いてみると、少し気分もすっきりしましたのね

引き続き良い連休楽しんでください~♪ 
  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは〜

いつも素通りばかりでごめんなさい🙏

桔梗、ホントに珍しいですねー
不思議〜〜 でも、とってもステキです。
我が家のは、白桔梗でまだボツボツ咲き続けています。

カサブランカ、 うちのは、ウィルス系の病気に遣られたらしく 無残でした。

このカサブランカ?は完璧にヤマユリのように見えますね。
タモトユリは初耳ですがヤマユリも同じような場所に咲くらしいので
きっと親戚なのですね。
今は ピンクカサブランカとかイエローカサブランカなど と銘打って店頭に出てるけど
あくまでも本物は miyakoさんの この真っ白なカサブランカだけだそうですね。
売り手側の 都合で カサブランカと呼んで販売してるって聞きました。
やっぱり真っ白がカサブランカですよねー
長くなりましたー!


非公開コメント

プロフィール

miyako

Author:miyako
田園地帯の郊外でフリータイム・ガーデンを楽しみながら、
趣味や季節の花便り、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR