ローズガーデンツアーその2


033a_20171022195120274.jpg

さてさて、台風が接近中ではありますが、
ローズツアーの続きをまいります。
花びらが変わっているこのバラは、「クチュールローズチリア」




052a_2017102219513087a.jpg
ークロード・モネー

もう何日、雨が降り続けるの?って思うほど、
花たちも水漬け状態で、今は自然のことゆえ仕方ありませんが、
みなさま、普段の時も水をやり過ぎていらっしゃいませんか?




036a_20171022195124e08.jpg
ーコンテス・ドゥ・セギュールー

このような地植えはともかくとして、問題は鉢植えですね。
乾いたらやるというのが基本ですが、
得てしてコマメな方は水をやり過ぎてしまいがち・・

大型のものは葉が下から黄変して来たら休眠期の合図。
水やりのし過ぎはよくないので、必ず乾いてからやるように。




053a_20171022195122a4d.jpg
ーザ・ポェッツワイフー

肥料も然りで、やり過ぎはよくないということです。
松尾さんの話は分かりやすく・・
例えば夏ならば人も同じで、アッサリしたものを食べるように、
肥料もアッサリしたものを!




038a_2017102219512326d.jpg
ーバラにレンガはよく似合います。マルクアントン・シャンポンティエー

肥料はやるタイミングが大事で、株の状態(根)をよく見ること。
また、吸う体にしてあげることで、元気な時にやること。

液肥は土が乾き過ぎてると、効きすぎて害があるそうです。
水やり代わりにしてはいけないということでしょうか。
少し水をやってから液肥をやると良いそうです。




043a_2017102219512952e.jpg
ーとても長い名前です。フェステバル・デ・ジャルダン・ドゥ・ショーモンー

また黒点病は、株を守るために葉を落とすので、
黒点やうどん粉では枯れないという力強い言葉を聞きました。
枯れるのは虫だそうです。

ここに人災も入って、何でもやり過ぎと放置し過ぎで枯れるとな!




048ay.jpg

こちら通路で大野さんに接近する受講者たち(笑)
大野さんは小柄なんですよね。
見えないよぅ。。




page1_20171022195127484.jpg

ガーデンには耕生さん提案の
ローズスタイリストが惜しみなく何本も使われています。




page2_201710221951327c4.jpg

外側通路側には、ツルバラが植えられています。
こちらはわりと手を入れずに自然の樹形にしているのだとか。
丈夫で私も持っているラ・ローズ・モリナールです。




027a_20171022195133c18.jpg

そして先日入れ忘れたのが、クレマチスのこと。
バラとコラボさせるのが流行っているようですが、
必ず離して植えること、決してバラに絡ませてはいけません。


この後、午後からは場所を替えて講習会がありました。
そちらでもう少し肥料の話の補足がありました。
続きます♪



今夜もお付き合いありがとうございます♡
雨足が強くなって来ています。今夜がヤマ場ですね。。
Ate logo


※コメントは拍手欄でお願いしますね。
お返事もそちらに致します。

いつもお越し下さりありがとうございます♪(*^ ・^)ノ⌒☆
こそっとブログ村復帰しました。うぷぷ^^

ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

関連記事

プロフィール

miyako

Author:miyako
趣味や庭仕事、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
2017年9月からヤマハ青春ポップスに参加しています♪
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR