秋バラガーデンツアーその1


049a_20171020200636425.jpg

バラの散策ツアーは、レッドヒルのバラ園でありました。
雨続きの毎日でしたが、この日だけ奇跡のように、
あっぱれなお天気になったのですね~♪




page1_201710202006370e5.jpg

少々遅れて行った私・・もう始まっています。
今回は大野先生だけでなくゲストさんがいらっしゃいました。
あらら・・あの「まつおえんげい」の社長さんではありますまいか!

時間変更の案内を頂いた時に、2人らしいとは分かったのですが、
まったく気が付きませんでした。(ちゃんと読んでない




018a_20171020200641368.jpg

一度は行ってみたいと思う京都のバラ専門店
「まつおえんげい」の松尾正晃さんが特別ゲストでした。
わ~、遅れても出て来て良かったことです♪




page2a_20171020200639016.jpg

大野さんと松尾さんは親交が深く、お二人の
息の合った掛け合いで実際のバラを見ながらお話が進みます。

気になるバラ「ブリーズ」は、まだ少ししか咲いてませんが、
ツボミの付いた新芽が勢いよく伸びて来ています。
このバラは直立性なのですが、一株毎に絡ませるように誘引して
垣根のようになっているのですね。

大野さんが話しながら倒しているところです。
枝が若いうちに倒すことによって、どんどん花があがって来るのだとか・・




009aa_2017102020063830d.jpg

松尾さんの経験によるお話は、理にかなった栽培方法で、
今回は花の説明ではなく、土と肥料のお話でした。

バラを枯らしてしまうのは、人災みたいなものだということで、
大概は水や肥料のやり過ぎが原因だと・・
このお話はまた次回に詳しいことを書きますね。




page3_20171020200642ebf.jpg

レッドローズのコーナです。
右上は「黑真珠」
左下は「バーガンディ・アイスバーグ」




028a_201710202006442b8.jpg

バラの中に佇む男子2人も、なかなか絵になりますよ(^m^)

そして、バラは花のない時にこそ見るのが大切だとおっしゃいました。
特に園のバラは、咲いてない時に観察するのが勉強になるということです。
花のない12月、1月は人も少ないしゆっくりじっくり見れるでしょうと。




page4a_20171020200645fd9.jpg

また赤の花は、引き締め効果があるので、
花壇の両側に置くようにすると良いとのことです。
葉がブロンズのバラも間に入れると変化がでますわね。
右は「グレーファンディアナ」




ゲーテローズ024a

これは香りのよい「ゲーテローズ」
育てやすくもあるそうです。

あゝ・・お写真をまとめるのに時間がかかり、更新が押せ押せですww
いろんな事、ちゃんとお話し出来たかしら?
足りないところは次回に補足していきます。もっと時間お余裕を持たないと・・だわ。



今夜もお付き合いありがとうございます♡
雨の合間の庭仕事は泥んこになってしまいますぅ。。
Ate logo


※コメントは拍手欄でお願いしますね。
お返事もそちらに致します。

いつもお越し下さりありがとうございます♪(*^ ・^)ノ⌒☆


ナチュラルライフランキング



関連記事

プロフィール

miyako

Author:miyako
趣味や庭仕事、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
2017年9月からヤマハ青春ポップスに参加しています♪
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR