コバノトンボソウとモウセンゴケそしてハッチョウトンボ

miyako

2017-07-06
-

湿原の植物の後篇です。
うっかり忘れてしまうところでした。。




008a_20170706193800226.jpg

野生の河原ナデシコですね。
日本原産の素朴な花で、秋の七草のナデシコは、
正真正銘この花の事。

タイミング良くなかなか会えませんのよ!
見ていると思わず撫でてしまいたくなる可愛い花ということで
“撫子”さんです♪




017a_20170706193801033.jpg

湿原ではコバノトンボソウが咲いています。
緑の中に黄緑色の極小の花ですから気付かぬ場合が多いですね。
高さ20~30センチくらいのラン科の多年草です。




020a_20170706193802767.jpg

「小葉の蜻蛉草」と書きますが、ほんまにトンボみたいな花ですね!
楽しそうに飛んでいるみたいだわ^^




021a_20170706193804262.jpg

私はいつもこの大きさでしか撮れないのですが、
マクロで見ると、やはりラン科の花のごとく
先っぽの方が唇弁になっているようですね。




032a_201707061938055c2.jpg

お次はモウセンゴケです。
去年、初めて見つけたので、その場所にも行ってきました。
これも多年草で、食虫植物です。




033a_201707061938074b2.jpg

雨の後で足場が悪く近距離で撮れなくて・・
ズームしてみましたが、これでイッパイいっぱいでした。
もっとアップにすると腺毛も見えてチョット宇宙的なのです(^^♪

腺毛から粘液を分泌し、小さな虫はこれに触れると
動けなくなり、消化されてしまいます。

苦心惨憺しているうちに・・何やら赤いものが目に留まりました。





039a_20170706193808a58.jpg

アラララ・・これはハッチョウトンボじゃございませんか?
かなりトリミングをしていますよ!
2センチくらいの小さなトンボです。




page1_20170706193810dfb.jpg

湿原や水が浸み出ている場所でしか生息することが出来ません。
いくら頑張ってもいつも頭の部分のピントがあいませんww
こうやって見てみると・・翅を動かしているせいかしら?⇔言い訳~(^_^;)

モウセンゴケは、トンボも逃げられないっていうから危ないよ!君。
よくよく見ると止まっているのは草のようですけど・・




043ca_201707061938112fb.jpg

ご参考までに、ハッチョウトンボはこれが正しい姿で、
1円玉くらいの大きさであります。
キレイに撮れる人は撮れるのねぇ・・(^▽^;)
 




044a_20170706193813f92.jpg

で、もう一種の珍しいトンボがいるようですよ!
この立札の側で、スマホで何やら写してる若者がいましたが、
見れたのかしら? うっそぉ~

若者が去った後、その場所に行ってみましたが・・
全く分からず。。激チ~ン
これは色的にも見つけにくいですね。

この札はまだ新しいので最近見つかったかもです。



今夜も来て下さってありがとうございます♡
湿度が高いです。体調管理に気を付けて下さいね!
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



関連記事