古から馴染みのある花2種*

miyako

2016-08-25
-

10号台風がまた、北日本に行くみたいで困ったことです。。
そちら方面、くれぐれもお気を付けくださいね。

今夜は、古くから暮らしと共に愛されてきたお馴染みの花です。
では一つ目から・・




032a_2016082520004213a.jpg

オミナエシがたくさん咲きだしました。
万葉集にも歌われた秋の七草のひとつですね!
日本各地の山野に自生しています。




083a_2016082520004356c.jpg

オミナエシが何故「女郎花」と書くのか調べてみましたらば、
各説あるようですが、私は、“美女も圧倒する美しさ”という意味の
「おみな圧し」から来ているというのが良いと思いました(^^)/




114a_201608252000448d9.jpg

むか~し昔、貴族の令嬢や令婦人の敬称が「女郎」だったとか・・
オミナは「若い女性・美人」、エシは「減し・圧し」であるとされていたそうです。

我が家のハマオミナエシに比べほっそりとした草姿で、
やさしげな風情がありますね。




112a_20160825200045af5.jpg

英名は、ゴールデン・ライス!
とても分かりやすいです^^
蝶々さんのご飯ですね~♪




119a_20160825200047e5e.jpg

日当たりの良い草地に群生していましたよ!
根は昔から「敗醤」と言われ漢方薬に用いられました。




116a_2016082520025162f.jpg

同じ場所に、ミソハギもたくさん出ていました。
春に花菖蒲が咲くところの湿地です。
お盆の時期になると、紅紫色の花がいっせいに開花しますね!




036a_20160825200246e39.jpg

田舎の庭先や畑には必ず植えられていて、
私の実家では、お盆の花はこれだけとされています。

名前の由来は萩に似て、禊ぎに使ったことから・・
又は、溝によく生えることから来ているようです。




037a_20160825200248ca7.jpg

とても野趣があってナチュラルな庭にもよく似合いますね。
野菜のコンパニオンプランツとしても良いそうですよ!
ミツバチや蝶が好むので受粉に役立ってくれます。

花の縁には、よく見ると、細かいフリルがあって可愛いです♪




039a_20160825200249c1f.jpg

この花も水を好みます。
我が家の庭のものは今年は全くダメでした。。やはり水不足ですねぇ(T_T)
だけど、又、ツボミが出来ているようで、遅れて咲くかもしれません^^




おまけだよ!kaoriさん


007a_201608252002529d6.jpg

アナベルのドライフラワーです。
な・な・なんと~ 床の間に置いてます(笑)
一番風通しが良いのですもん♪pp

色の違いは白とピンクの差。
白のアナベルの方が綺麗です(^o^)/
(分けたつもりが花瓶に一本混じってますねぇ・・)



今夜も見て下さってありがとうございます♡
明日もさりげなくワクワクしましょ!
Ate logo



※コメントは拍手の方にお願い致します。
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



関連記事