山と森と水と

miyako

2016-08-11
-

071a_2016081120024696a.jpg

18時28分・・大地を熱く焦がして太陽が沈んでいきました。
それでも少し日暮れは、涼しかったような気がします。




094a_2016081120024779c.jpg

今日は、今年初めて設けられた、新しい祝日「山の日」でしたね。
この山は去年行った北海道の大雪山です。




095aa.jpg

山の日に因み本日は、新聞記事から抜粋したことを書かせて下さいね!
山の木や森のこと、そこに流れる水のこと、
とても共感いたしました。




027a_201608112002502a1.jpg

山の日は、“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日”
山と人の関わりはどんなものでしょう?
感謝すべき山の恵みとは?




053a_20160811200340c02.jpg

前に、ブロ友さんのaunt carrotさんがコメントに書いて下さいましたが、
それと同じに水は循環するということですね!

積乱雲が起こり、山脈にぶつかり、雪が積もり春に水解けして、
土に染み、川になって流れ、水はやがて海へと巡り、
蒸発し、再び・・というように。





055a_20160811200342a5e.jpg

「山が水源になる水こそが、
動植物の命をはぐくむ大本なのです。」

(信州大理学部の鈴木啓介教授の言葉)

こうして、山が源の水が森の枝葉や土に染み渡って、
より美味しい水になる。
森のチリやホコリを取り払い、光合成を促して、
新鮮な空気を運んでもくれます。





030a_2016081120034313b.jpg

植物や動物の命をはぐくみ、
私たち人間に季節の食材を提供してくれます。
水が、健全な森や山々の営みの現在や未来を、生かしも殺しもします。
その逆もまた然りです。

ところが近年、山の手入れ不足から保水力が低下し、
いろんな影響が出て来ています。
一見、水に関係ないような事柄でも、
水や山が傷つき悲鳴をあげているかも知れません。

ですから山の日は、本格的な山登りでなくてもいいから、
親子で裏山を歩くだけでもいいのです。





026a_20160811200345451.jpg

そういう意味で、夏休み期間中が選ばれたのだとか・・
なんでお盆休みとくっつけているのだろう?と思いましたが、
かなり認識不足でしたねぇ・・σ(^_^;)

最後に・・
『水も山も補いあっています』
森や木々がないと、味も匂いもないそうですよ!


※引用文「中日新聞」社説より
お写真の花はバーベナの一種と、森の公園に流れる水です。



今夜もご覧下さりありがとうございます♡
コメントは拍コメに(^_-)-☆
明日も小さなわくわく見つけましょ!
Ate logo



にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


関連記事