旧手塚邸(上問屋資料館)・・奈良井宿

miyako

2015-07-28
12 COMMENTS

page2a_201507281958363ad.jpg

今回は、お時間がたっぷりありましたので、
以前には見ていない奈良井宿の代表的な家を見学してみました。

上のお写真は、旧中村邸のお庭に咲いていた花・・
ここは、お写真がアウトでしたので裏庭のお花のみです。
中村邸は、塗櫛問屋さんで、間口が狭く奥に深い出梁(だしばり)造りのお屋敷でした。




065a_20150728195838c85.jpg

もう一軒の上問屋(かみといや)資料館は、一見の価値ありの
素晴らしいお屋敷でした。
本当は2回くらいに分けたいのですが、何とか頑張って纏めましたとです(^^)/
お馴染みの枠組みです(笑) これ、便利です(爆)




page6a_2015072819583858b.jpg

奈良井宿で約270年、問屋と庄屋を務めた手塚家住宅には、
古文書や道具類など貴重な資料がイッパイです!
問屋特有のつくりになっていて国の重要文化財になっています。




027a_20150728195840446.jpg

まあ広いのなんの・・
この中庭なんて今風に言えば、吹き抜けのようなものですね!




page1a_20150728195841970.jpg

ここのショーケース(右下)の一番右端にあった「燭台」に
しばし往時を偲び妄想などしておりました。

お女中が夜中の見回りに行くとか、ご不浄に行く時とか
これをかざしてシズシズと~ ^m^
何せ江戸時代でございますんで。




page7a_20150728200102d4a.jpg

お部屋もいくつもありました!
左上は2間続きの大広間でしょうか?!

左下は、明治天皇が巡幸の折、昼食をお召しになった上段の間。
その後、行在所として手を加えずに保存しているのだそうです。
(障子の張り替えのみやっている)

右の黒い石の置時計は、
旧尾州藩主、徳川義親氏から古文書の代償として贈られたもので、
明治43年の頃には、石の置時計は珍しかったのですね。




page5a_201507282001040b5.jpg

そして、私が感心したのは・・こちらの建具類です。
サイズがそもそも違いまして、細部が凝っていること!

上の飾り彫りは今でもありますが、下の所にも絵が描かれているのです。
25cm足らずのせま~い目立たないところでっせ!
ダンナマンが発見しましたん。




page8a_20150728200106171.jpg

奥のお庭の様子です。




page4a_201507282001054a2.jpg

お2階です。箱階段と2ヵ所から登れるようになっています。
黒光していますね~ ところどころ塗りが剥げていますね~
 使い込まれているのですね~!

1階の天井も高くてネ、2階の造りも立派なものです。




page3a_20150728200108935.jpg

天井の梁は「ちょうな削り」というもので、鉋をかけてないもの。
そして昔の家は釘をあまり使っていないのですね。
何故なら当時、釘は鍛冶師が一本一本打ちつけて作る貴いものだったから・・

で、戸が何処にも入っておりませんの。
障子1枚だけなのですよ~ 冬寒くないのぉ
格子と2重になって屋根の庇は長いですけどねぇ。。

日本の建築 素晴らしいです☆


♪♪♪


長文にお付き合い下さいましてありがとうございます♡
はぁ~私も疲れたとデス・・pp
それではまた明日! Ate logo



にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


関連記事

Comments 12

There are no comments yet.

mimiha

すっ すごかねーー!!  なんと立派な。そして気概のあるお家なので
ございましょうか。昔の大店の心構えが、なんとも美しく感じられます。
こうして残っているものには、何というか理想の灯を掲げて暮らした人の
心意気が感じられてよいものですね!!

さてさて風知草ね、ミミハ方式で良いのなら、超簡単よぉーー。
晩秋、葉が枯れてくるころに、地上部3センチくらい残してぜーーんぶカット!!
それで何もせんと放って置くダケデスタイ。そしたらね、春にはちゃんと、ほそっこい
葉がつんつんと出てくるのです。このつんつんの時がね、雑草と間違いやすいww
なので、目印つけとけばok。気楽に管理してくだしゃい^ ^
ちなみにミミハッチは葉がまだ青くても、11月には雪の便りもあるし、根雪になることも
あるので、10月末にはカットしてました。

2015/07/28 (Tue) 22:37

aunt carrot

日本建築、本当に良いですね。
見れば見るほど良いです。
欄間、箱階段、手斧削り、、、どれもこれも実用かつ芸術ですね。
お庭に咲く花たちも華美なところが無く、しっくりと建物とマッチ。
これも素晴らしいことです。
良いものを見せていただきました。
いつもありがとうございます。

2015/07/28 (Tue) 22:49

☆ぴょん~♪

こんばんは。

まったく『涼しくない』日々が続いてます。
今日なんて、最悪。
Tシャツが汗で張り付いて脱げないのよねぇ。
他も推して知るべしです…(^^)

小学生だった私、ここへ行ったときに何があったのか
まったく覚えてません。
馬籠宿だったか、妻籠宿だったか? やたら坂が多い。
島崎藤村の記念館があったこと。
そして、きれいな下駄を売っているお店があったこと。
と、まーったくつまんないことを覚えてます。

いま、この奈良井宿へ行くと面白いと思います。
タイムトラベルですよねぇ。

昔の釘は、今のものとは全然形が違いますね。
そして、釿(ちょうな)が使える大工さんは
ほとんどいないそうです。

こういう素晴らしい日本建築は、
大切に保存して欲しいですね。

2015/07/28 (Tue) 23:48

茉莉花

こんにちは♪

うわっ、レトロなものがいっぱいで、ワクワクしますね(^O^)

日本建築って基本的には木と紙で出来ているのに意外に丈夫だし
四季がある日本でも、夏は涼しく冬は暖かいように工夫されているんですよね。
それもそこに住んでる人がきちんと手入れして
大事にされていたからこそだと思いますが
こうして今でもちゃんと昔のまま残っているというのが素晴らしいことですね。
今の日本の家は、注文建築でも規格品の組み合わせで
どこの家も同じようなものなんですけど
昔の家はそれぞれに個性があって、小さなところにも工夫されていて
日本人の知恵というのを感じます。
素敵なものを見せていただき、ありがとうございます。

2015/07/29 (Wed) 09:55

miyako

Re: =mimihaさんへ

はいな!ここはまだ他にも画廊とか郷土館とかも見たいし、
それに旅籠なんぞに泊まるのも良いかもよ~
ワクワクな宿場町ですね♪

風知草のこと、ありがとう~♡
もういっかいチャレンジしてみます。
私は枯れるままに放ったらかしていたみたいです。
きちんとカットするのですね(^_-)Okしゃんよ♪

お医者はね、初診の処は保険証が今、手元になくて行けなんだです。
(字が間違っていたから訂正してもらっているの)歯医者のみ済み
午後は台所でも片づけま~す!

ミミハちゃんコメントありがとう♡

2015/07/29 (Wed) 13:49

miyako

Re: =aunt carrot さんへ

タダの箱の家ではなく、美しさと機能的でもありますね。
私はここの2階の作り方に感心しました!
中村邸の2階も面白かったです。写真が撮れなくて残念なのでした。。

お花に派手さがなくても、ほんわかと和みますね~♪
そして土の土間の感触も懐かしいのでした。

aunt carrotさんコメントありがとうございます♡

2015/07/29 (Wed) 14:04

miyako

Re: =ぴょんちゃんへ

こんにちは♪
こう暑いとクールシェアってのをしに昼間は何処かに入ってるのがよろしいですね!
でも図書館は飲食できないし、ごろ寝も出来ないしなぁ・・やっぱ家かいな(笑)

下駄が印象的だったのですね、都会っこだわ^^
それだけ覚えてれば“優”ですたい。

ちょうなは分かったのだけど・・おお、今度は釘調べだわpp
組んであるだけなのに、長年の風雪に耐えて来たのですよねぇ
この建築法を国立競技場は見習うべきだ~~ハナシガトブ?!

ぴょんちゃんコメントありがとうございます♡

2015/07/29 (Wed) 14:17

miyako

Re: =茉莉花さんへ

こんにちは♪

本当ですね、3匹の豚さんの話からみんなレンガに憧れたけど、
日本の風土に合った木造建築です。
住みながらそれぞれ使い勝手がいいように工夫されていますね!
そして、遊びがあるのも粋で良いと思います♪

母の実家には、こんな黒光りのするタンスや納戸があったように思います。
囲炉裏ではなく釜戸ですけど土間が広くて・・
だけどお風呂はタイルでした。←その頃珍しかった?
郷愁を感じる・分かる最後の日本女子な年代か!( ´艸`)

茉莉花さんコメントありがとうございます♡

2015/07/29 (Wed) 14:32

れぃん

こんにちわ
素晴らしい手塚邸ですね~
問屋さんと庄屋さんをされていたというだけあって 
一段と威厳があって 
豪商の持つ旦那衆の香りがしますね
磨き抜かれて黒光りのする廊下や柱 
ほんとに美しいと思います

今日も丁寧にご紹介くださって 
読むほうはうれしく見入ってしまいますが 
ありがとうございます、お世話になっていますm(u u*)m
でも、、 障子だけで、、冬 暮らされていたんですね。。。 

2015/07/29 (Wed) 15:13

az

懐かしいなんて言葉が勿体ない。

また静かなたたずまい
日本家屋の良さがずいしょに...。

2階もきれいに磨きこまれているんですね。
この時季、冷たい板張りを歩く感触気持ちよかったでしょ。

ブログを通して
自分が見れないものを見せていただける
ほんと、ブログで得した気分よ。

2015/07/29 (Wed) 18:10

miyako

Re: =れぃんさんへ

こんばんは♪

もう~もう~と牛さんになってしまいますが(笑)
180年も前のお屋敷、ほんとに立派でした☆
いっときその時代の有様がアタマを巡りましたとです。(TVや映画の映像画面ですけどpp)
大勢の人が行き来したことでしょう・・

木曽の山中で障子一枚なんてねぇ・・昔の人は強いです!
火鉢だけの暖ですよねぇ・・
囲炉裏が家中の暖房になったのでしょうかしら?

読むほうも疲れますわねぇwwすいません。
れぃんさんコメントありがとうございます♡
 

2015/07/29 (Wed) 21:53

miyako

Re: =azさんへ

なんて頑丈に造られているのかといるのかと建築技術に感心致しますね。
そして欄間の高さ、天井の高さにも驚きです!
近江の昔の家屋やこの辺では天井がとても低いですのよ。

磨きぬくって素晴らしいですね~
あ、私も夏だから水拭き仕事に精を出そうっと!
ほ~なのねぇ・・オメメ疲れるけど楽しいす♪
azたんとこも素敵ですぅ^^

azさんコメントありがとうございます♡

2015/07/29 (Wed) 22:03