四国お遍路旅・・第12番~14番

miyako

2014-09-23
2 COMMENTS

ささ、先を急ぎましょう!
お花の事ですっかり道草をしてしまいました。。
四国霊場巡りの続きです。

第12番・焼山寺は、初めての難所とされる所ではないでしょうか!
藤井寺から焼山寺へ至る山道は、
“遍路転がし”といわれる険しい道でした。





14923a.jpg

今は車で上まで行けますが、それでもかなりの距離でしたよ!
まだぁ?って言うほど、奥へ奥へ進みます。
駐車場に着いてからも、岩肌の見える参道をけっこう歩きます。

この石段を登ると仁王門です。





14923b.jpg

鬱蒼とした杉木立の中・・霊気が漂うようです。
標高800メートルに位置する境内は、
霧がたちこめることが多いと言います。

ここにお勤めする方達も大変ですよねぇ・・
歩いて登れば6,7時間はかかると言います。
着いたとたんに帰らねばなりません。。
そんな話を、墨書して下さる方が冗談まじりに言っておられました。





14923c.jpg

重厚な趣で、本堂、大師堂、方丈などが建ち並びます。
ここにも藤の群生地があるようで、
樹齢およそ400年といわれる杉並木とともに、
県の天然記念物になっているそうな。





14923d.jpg

参道で見かけた素朴な花たち・・





14923e.jpg

第13番・・大日寺

ここは焼山寺と打って変わって、住宅街にあるお寺さんです。
本堂、大師堂そして、門を入ってすぐに“しあわせ観音”があります。
観音さんは、合掌した手の中に立っているのですね!
その時は気が付かなかったですゎ・・(*^^)v





14923f.jpg

第14番・・常楽寺

本尊は四国では珍しい弥勒菩薩。
本堂の前には、
大きなアララギの木が建物に覆い被さるように立っています。

この木は、大師が糖尿病に苦しむ老人に煎じて飲ませた
霊木を植えたものと伝えられていて・・・





14923g.jpg

木の股に、石の大師像がちょっこりと座っています。
私達を見守っているようでしたよ♪





14923h.jpg

ここは、大岩盤の上に建っているのですねぇ
自然の石がそのまま階段状になっているのが印象的でした!


チョビッと退屈な記事を読んでいただきありがとうございます♡
それではまた明日!
Ate logo



昨日の謎の花は・・多分、藍(タデアイ)かと思われます♪
みなさま、お手数かけてありがとうございました!感謝




にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

☆ぴょん~♪

こんばんは。

今日もいながらお遍路をさせて頂いてます。
14番札所・常楽寺って、駐車場からお寺まで
随分と離れていたように記憶してます。
その道すがら、
暑さでフウフウいいながらも
いろんな花を見ましたよ。

2014/09/23 (Tue) 22:57

miyako

Re: こんばんは。=ぴょんちゃんへ

こんにちは♪

常楽寺はね、私達も最初、迷ったのですけど、奥の方に駐車場があって、この石柱のすぐそばに停められましたよ!
確か常楽園という養護施設があったところですよね・・

ぴょんちゃん、夏の日に行っていたのですね、それは大変だ!

ぴょんちゃんコメントありがとう♡

2014/09/24 (Wed) 12:20