美夜子の At will* 綴り 

悠久の音色と斎王群行

悠久の平安絵巻その2でございます。哀愁のある篠笛の演奏もありました。篠笛の音色はもの悲しく情緒あふれる旋律で聞く人を魅了します。小鼓とのコラボでもあります。この方はこの道35年とおっしゃっていて、小鼓についての説明を少しされました。馬の革が張られ2面が砂時計型で合されているのだとか・・打ち方だけでいろんな音を出すのは、簡単なようで難しいものですね。第2部は舞楽と采女による神楽舞です。大海の幸というも...