悠久の平安絵巻・・その1


今日は地元文化会館で行われた
「平安絵巻」なる珍しいものを見て来ました。




005a_201709301957543ec.jpg

お伊勢さんへ行くと見られると言いますが、
お衣裳の着装披露という着付けの実演でございます。

※お着替えの最中は写真禁止ということで、
出来上がりしか撮れませんでした。




006a_20170930195756bb9.jpg

「十二単」でございます。
実際は12枚も重ねません。
五衣唐衣裳といいまして5枚でしたでしょか。




007a_20170930195757c2c.jpg

男性のお衣裳は「束帯」と申します。

後ろにおられる方は着付けをする方で、白の着物に紫の袴が決まりだそうです。
男性には2人、女性の方には3人が付きます。
お一人は髪の毛を持ち上げる係りです。




008a_20170930195758af2.jpg

「斎王」のお衣裳でございます。

説明の声が流れるのですが、
女性の声は響いて聞こえにくくほとんど分かりませんでしたわ(>_<)




page2_20170930195801a0a.jpg



長~い引きずりさんである下襲の裾(したがさねのきょ)を
歩くときは自分の手で持つのだそうです。
この方、歩くのが早くてピントが合ってないですww




009a_201709301958456d4.jpg

斎王さんでございますが・・
遠くから見るとお若い方だと思ったのに、
PCに取り込んでみると・・違ってました。イヤ、ここだけの話よ
ヾ(@^(∞)^@)ノ 




page1_2017093019575906a.jpg

後ろ姿でございます。
頭が大変ややこしいですね。




page3_2017093019580231b.jpg

十二単は、着せる時はたった2本の紐だけで着付けていき
最後は1本も紐を使っていないそうです!
この後ろに付けてる袴の半分みたいなもの(裳)で持たせているのですね。
驚きざんしょ!




028a_2017093019580430d.jpg

そして一度薄い幕がおり、座り込んだ人が抜け、
衣紋(着付ける技術)の方達がごそごそしてたかと思うと・・
こんなものが残されていました。




027a_20170930195806796.jpg

これが源氏物語でいうところの「空蝉」というものでございます。
セミの抜け殻のごとくの空蝉・・
お見事~!

『空蝉の身をかけてける木のもとになほ人がらのなつかしきかな』
『空蝉の羽におく露の木がくれてしのびしのびにぬるる袖かな』
↑例によって間違ってるかも?



それではまたね!Ate logo
夜はお膝が寒いですぅ。。もうじき炬燵かな!


※コメントは拍手欄でお願いしますね。
お返事もそちらに致します。
いつもお越し下さりありがとうございます♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



プロフィール

miyako

Author:miyako
趣味や庭仕事、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
2017年9月からヤマハ青春ポップスに参加しています♪
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR