美夜子の At will* 綴り 

香り立つ春の庭♪

カロライナジャスミンが咲いて来ました!早春の使者は土の中から訪れる球根たち。カロライナジャスミンが香る頃は、我が家の庭も春真っ盛り!倒れかかったアーチで毎年頑張ってくれてます。モッコウバラとのコンビなのですけど・・モッコウさんはごく一部が咲き出したばかりで次回に見送りましたppまるでリボンのようなトキワマンサクの花も満開になりましたよ!株を覆い尽くすように咲く鮮やかなその姿は、庭の中のスポットライト...

☆ローズコンテナ☆

先日の日曜日にコンテナ教室に行って来ました♪4月は、バラを使ったコンテナです。こちら、出来上がりで~す(#^.^#)先月は、西村敬子先生の具合が悪くお休みされたのですけど、今月は元気な姿を見せて下さいました!好きなバラの鉢を選びます。ピンクが良かったのだけど、みなさん思いは同じらしくもう、白と黄色しか残っていませんでした。ピンクは数が少なかったみたい・・残り2色の中から黄色いバラがお家にないので、私は黄色...

桜と横輪町。

春先には里山がピンクに染まる横輪町は、伊勢自動車道玉城ICから20分ほど行ったところにあります。壇ノ浦の合戦(1185)に敗れた平知盛が隠れ住んだことが、横輪の集落の発祥だったそうです。奈良に多いと思っていた平家落人の里が伊勢にもあったのですね。桜は今から150年前に、「桂林寺」にあったものを、村人が各々の家に持ち帰り増やしたものとされています。この町にのみ咲く「横輪桜」は歴史を秘めた桜なのですね!この桂林...

横輪桜の里♪

横輪町のどこの家にも植えられている「横輪桜」の大きな特徴は、雄しべが変化し花びらになるそうな!開花の時期は、ソメイヨシノより数日遅れて咲き始めます。濃いピンクの大輪が、年を重ねるごとに増え、15年くらい経つと12枚ほどの花びらを付けるものもあるといいます。花と一緒に出て来るこちらの葉は、昨日アップしたものより瑞々しい緑色をしていますね。まだ若い木なのかしら?それともこちらが丁度、見頃になるのかな?少し...

横輪桜に会いたくて・・

先週の日曜日のこと、、そこにしかない桜、というのを見に行って来ました。伊勢の横輪町にある、その名も「横輪桜」といいます。ソメイヨシノの2~3倍くらいの大きさで、年を経るごとに花や花びらが増え、球状に花を付けたりします。バレーボールくらいの大きさよ!去年、この桜の存在を知りとても興味を持ちましたが、その時はもう終わった後・・例年は中旬に桜祭りが行われます。今年はやはり一週間早く見頃となったようで、お...

テレビに釘づけ。。

夕方5時ごろ、用事を済ませ帰って来てからずーっとテレビに釘づけです。んまぁ!何としたことでしょう!!画像は昨日の続きです。―グレコマーまた、大きな地震があったとか!しかも今日の未明に起きたものが、本震だとか!何と恐ろしいこと。。ーグレコマー熊本城や阿蘇神社が崩壊しています(._.)あまりのことに、あっけに取られて・・言葉もありません。亡くなられた方や被害家屋が増えて来てます。今日は簡単更新とさせて頂きま...

キラキラ春爛漫☆

久しぶりの青空お天気です♪いつの間にかモミジの葉っぱも、びっしり出て来ています。ニシキギの若草色に、カナメモチの新芽も鮮やかに、雨あがりにキラキラしてしていた昨日の庭・・今日からお出かけ第2弾の予定だったのですが、バタついていて用意が出来てません。。昨日の続きの庭便りにいたします。春爛漫♪色とりどりになって来ました(^o^)/植え替えしそこなったシャクナゲも 狭苦しい鉢のまま開花しています。ニューフェイ...

西の「魔女の森」に、多肉ハウスが引っ越しました♪

4月は引越しの季節ですね。我が家の多肉ハウスも引越しをしてみましたのうっふふ^^ こんな感じですよ~♪「魔女の森」ってこわ~い名前は何でしょね。覚えて下さっているかしら?秋の日のこと・・そうそう、何のことはないヒヤシンスの名前なんです。すごいネーミングでしたよねぇ。この辺が「西の魔女」さん、ピンク系が入っています。こちらがブルー系の「東の魔女」さん!新たに植えた球根だから、とても大きく育ちました♪4月...

森野旧薬園。春の巻ラスト

降りそうで降らないややこしいお天気。夕方からは観念したように降りましたがpp庭に出ていいやら悪いやら・・合間をぬって枯れ葉集めと芝桜を植え込みました。旧薬園では桜がまだ見れましたが、季節は移ろい次のスターたちにバトンタッチ!可愛い花海棠も咲き初め・・鮮やかね~!撮影:4/9こんな木も見かけました!「テンダイウヤク」という木だそうで、初めて知ったことです。ややこしい名前ですが、漢字で書くと分かりやすいで...

アミガサユリ◆ヒトリシズカ

薬草園でカタクリの花の次に、目を引いたのは「アミガサユリ」でした。ユリ科バイモ属の多年草。園芸ではバイモユリとして人気がありますね。原産は中国で300年ほど前に、薬草として日本へ渡って来ました。主に咽のお薬として使われるようです。名前の由来は、球根が2枚貝に似ていることから貝母となったようです。私、一度植えたことがあるのですが、咲きませんでした。。チーンなんでやろ?楚々として風情がある花です♪お顔をの...