この冬おススメの草花や鉢花


昨日、赤塚さんでやっていた無料講習会は、
同店の21周年感謝祭のイベントのひとつでした。
この日のテーマは「この冬に育ててほしい草花や鉢花」




002a_20171113195130abe.jpg

店内に用意された一角に行きますと、シクラメンがドーンと置かれていました。
私はシクラメンが苦手ですぐダメにしまいます。
一瞬引きましたが・・結論から言いますと、受けてとても良かったです♪




005a_201711131951326b5.jpg

講師はこちらの方、吉田健一さんです。
先日も「あさイチ」に出られたのだとか・・
プロの方も一目を置く先生ですね。

何といってもテンポよく元気に話して下さるので、
とても分かりやすかったです♪
伝えたい事、教えたい事が一杯という感じで充実の内容でした。




004a_20171113195132166.jpg

まずシクラメンの選び方は、葉がしっかりしている事と、
みんなに触って感触を確かめさせて下さいました。
鉢物で買う時は5号鉢が良いそうです。

葉の中のツボミは無視すること。
根元に出ているツボミがたくさんあって色づいているのが、
確実にこれから咲くそうです。




014a_20171113195134c23.jpg

シクラメンの鉢は2種類あって、上から水やりするものと
※誤解なきように。決して花の上ではありません。あくまで土ですよぉ
底面から給水するようになっている鉢があること。

底面タイプは、半分のところまで水を入れるだけで、
必ずなくなってから入れること。

上からのものは葉をのけて土をさわって、
かなり乾いてからの方が良いということです。
初心者が、失敗するのはたいてい湿らし過ぎなので、
底面タイプの方がお薦めだそうです。

そして一番大切なのは日光浴!
屋外の軒下で、出来れば棚の上がいいと言います。
よくガラス越しとありますが、今は紫外線カットのガラスが多いので×。
霜が降りそうな時は中に入れますが、暖房のある部屋は×




001a_20171113195137cfc.jpg

まだいろいろ細かい事はあるのですけど、
お薦めの花は2色植わっているのがお得だそうで、
上手くいけば4月頃まで咲かせられゴージャス感があふれるとのこと。

イベリスとネメシアも超お薦めでした。
単品で3鉢くらい寄せ植えすればバッチグーですって!
同じメーカー、同色をまとめて植えた方が、
ボリュームが出て春は満開になってより綺麗☆




021a_2017111319513881a.jpg

次はパンジー、ビオラですね。
これは根のほぐし方で、底と肩のところを
少しだけフォークでほぐし、側面は大切にします。

パンジー、ビオラのおすすめ品種というか、メーカーの事も教えてくれましたよ!
これは極秘情報ですので極秘にお教えいたします。




019a_20171113195135d98.jpg

あとは古い土の再生方法の詳しい事。
「あさイチ」ではこれをやったそうですね。
やはり土はとても大切で、これを記すとまた長くなるので、
またの機会にします。またまたが一杯だね。ごめんよ!




016a_2017111319513932f.jpg

ビオラさんは金魚草と寄せ植えするのがお似合いだとかで、
この場合は高さが大事だそうです。
横の白っぽいのより後ろの黄色いものくらい高さがある方が良いそうです。





あゝもうk更新時間がせまってるぅww
楽しかったのはアブラムシの話と、はす口の話。

はす口とはジョウロの先っぽの事で、これを行方不明にしている人が多いけど、
とても大切なものなんですって!
野菜農家では特別あつらえの高いものを使ったりするとか。

アブラムシは10日前後で成虫になり、メスだけで毎日5匹生むのだとか。
生まれてすぐにもうブリッと子供を産むそうな!
その様子をゼスチャー入りで、プリップリッってなさるのが可笑しくて
笑いのツボにハマってしまいした♪


あと1枚用意のお写真があったけど・・今日はこれにておしまい!
長くなったもんね。お疲れ~さまナノダ(笑)
取り敢えずアップで誤字、脱字はまた後で直そう



今夜もお付き合いありがとうございます♡
そうそう、シクラメンは出べそ植えすることですよ!
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪

いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆


ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村



パッチワークの世界


003a_2017111219400210c.jpg

昨日はパッチワーク展を見に行ってきました。
風の冷たい寒い日は庭仕事はお預けです。




006a_20171112194004521.jpg

私がパッチワークをやっていたのは何年前になるかしら?
かれこれ10年も前になるかもしれない・・いや、もっとかも?
やりさがしがイッパイ残っていますww




page1_201711121940042b7.jpg

今回、展示会を開かれた方は、始められてから28年になるそうな!
まだ若い時に、脳腫瘍になり、リハビリを兼ねて続けられたそうです。。
一針一針出来上がっていくことに、身体の不調はありつつも
小さな達成感が日々の励みになったと言います。




page7_201711121940060c5.jpg

憧れのハウスのキルトは高さが2メートルの大作。
シックな色遣いがとても素敵です。
大きなものは1年から1年半かかるそうです。




005a_20171112194007805.jpg

これからはお部屋で過ごす時間が増えてくる季節・・
私もまたやりたいな!刺激が受けられれば良いな!
と思いじっくり拝見させて頂きました。
まずはこんな単純なものを縫い溜めていくのが良いかも知れません。




page2_20171112194008cab.jpg

バッグや手提げなどの小物もあります。
右上の水玉バッグが気になり、手に取ってみると
とても軽くて手作りの温かみを感じます。
持ち手の付け方も洒落ていましたよ!あっ、触って倒しちゃったみたい^^;




009a_201711121940100fb.jpg

page3_20171112194011087.jpg

教室はされているのですか?と聞いてみたら、
身体の調子もあるので、仲良しさんと集まってやっているということでした。
ミシンは使わず全て手縫いで、午後の2~3時間を制作に充てているそうです。




page4_20171112194013048.jpg

ちょっとしたコツも伺いました。
キルティングは戻ったりしないで、外へ外へ向かうこと。

フープやキルト台は使わないということでした。
理由は伸びる気がするから・・
そして糸は短くひじの長さくらいまでとし、何度も糸を通すそうです。
理由は長いと もつれて糸も弱るから・・




page5_20171112203648572.jpg

最後にとても興味を持ったのが、こちらの帯を使ったものです。
左・・帯の刺繍がそのまま生かされています。
真ん中・・着物生地と合わせて、こちらはキルティングなしです。
ポケット口があって細長いグラスを入れ込み一輪挿しになってます。(2ヵ所)

これによく似たものが我が家にもありますが、
このアイデアはとても気に入りました♪



今日は赤塚さんの秋のセールの最終日で、
抽選会がありましたので、バラの土を買いがてら行って来ました。
そこでやっていた講習会にも参加して・・とても楽しかったです♪
その模様は又、明日ね(^_-)-☆



今夜もお付き合いありがとうございます♡
今まで一番よく笑った講習会でした♪
Ate logo



※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪

いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆


ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村





バラの講習会★ちょこっとお知らせあり


レッドヒルのバラ園をガイドツアーの後は、
赤塚さんお店に移動しての講習会でした。
勿論、まつおえんげいの松尾さんもゲスト講師です。




page2_20171023195917d01.jpg

ところが・・怪しい人物が隣にいますよ~




082a_20171023195919b45.jpg

はい!楽しいサプライズの演出で
ハロウィンの仮装で現われた耕生さんです(^o^)丿




081a_20171023195918fec.jpg

本当はお二人とも変装するはずだったらしいですけど、
松尾さんが絶対出来ないと云われ、スタッフが変わりに仮装していました。
それはシスターの役です(笑)




087a_201710231959217dc.jpg

今回の講習会ではバラ自体のことではなく、
栽培を深く掘り下げたものでした。
バラをしっかり育てるために大切な「土」と「肥料」のことです。

お野菜でも何でも土がとても大事だと言います。
安いからと求めると品質は必ずしもよくないと・・
赤塚さんにはバラ専用の用土があってとても便利です。←CMが入っています




とても育ちの良い株です。↓
085a_20171023195922663.jpg

液体の肥料は作ってすぐに与えること。
長く置いておくと分解してしまうので、
水のようなものになってしまうと言います。

化成肥料は、1週間くらいなら作り置き出来るが、
有機肥料は、すぐに使い切ってしまうことだそうです。




088a_201710231959244ca.jpg

また大株を剪定する場合・・
コワイからと先ばかり切っていると、
どんどん背が高くなり、上だけに花を付けるようになるから
思い切って切ること。←初心者はなかなか出来ないのよねぇ。




089a_20171023195925941.jpg

そして・・バラの枝の性質についてのお話もありました。
四季咲き木立バラ(ブッシュタイプ)
半つるバラ(シュラブタイプ)
つるバラ(クライミングタイプ)

この辺は言葉からして覚えなくてはいけませんね。
まぁ、ボチボチ自分ちの子を育てながら、失敗もしながら、
覚えて行けば良いかなと思います(^^)/




050a_20171023195927937.jpg

バラと一緒に植わっていた花たちです。
大きなダリアと、↓下はこれまた大きなフロックスでした。




048a_20171023200348571.jpg

☆お知らせです。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
本日お昼頃からブログ村ランキングに復帰致しました。

困惑していた問題点は解決いたしました。
拙いブログですけど、多くの方に見てもらえるよう
情報を発信していきたいと思いますので、
また応援をよろしくお願い致します。



今夜もお付き合いありがとうございます♡
明日は冷え込みますので、暖かくしてお過ごし下さいね!
Ate logo


※コメントは拍手欄でお願いしますね。
お返事もそちらに致します。

いつもお越し下さりありがとうございます♪(*^ ・^)ノ⌒☆


ナチュラルライフランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村




プロフィール

miyako

Author:miyako
趣味や庭仕事、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
2017年9月からヤマハ青春ポップスに参加しています♪
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR