バラのトークショー★バラの選び方


062a_20170527200811d5a.jpg

ガーデンのバラ巡りは午前で終わり、
午後はお三方のトークショーになります。




page0.jpg

お昼休みは2時間ありましたので、
皆さんお名残惜しく、それぞれ気になるバラを眺めたり、
先生方に質問したり、なかなかガーデンを去りません。




page7_20170527200815919.jpg

胸に札を下げている人は、再入園が出来ましたが、
私は久しぶりのバラ友さんたちとランチとお喋りで過ごしました。




024a_2017052720081414d.jpg

こちらの花は、前に載せていた杭とワイヤーで囲っていたバラですが、
まだお名前が分かりません。。白っぽいピンクの可愛い花です。
分かるスタッフさんと札が見当たらないのだもの( 一一)





026a_20170527200817acd.jpg

出口の方の周りには、ピエール・ドゥ・ロンサールが、一面に覆っています。
冬に来た時、肥料のことなど教えてくれた親切なスタッフのMさんが、
一生懸命ロープに誘引をされていました。




page8.jpg

見事に、い~ぱい花を付けましたが、
雨で余計にうな垂れています。。






玉置先生にくっついている時・・
初心者のバラ選びのアドバイスがありました。

たいがいは、お写真を見て買われると思いますが、
一番良いのは、実際に花を見て、香りを嗅いで求めるのがベストだと。
そしてお色は、まず同系色で増やしていくのが無難でしょう、ということでした。




page9.jpg

そしてこちらのクリームっぽいバラは、「ベッラ・ディ・トーディ」
イタリアのバラで、トーディは町の名前です。
この薔薇は何もお世話をしなくても良いそうですよ!

勝手に咲いて、勝手に散って、又勝手に咲いてくれるお利口さん♪
おまけに足元の方は棘がありますが、
上の方は無いので切り花としても利用しやすいのですね。
茎は太くてしっかりしています。

ピンクの花は、「プリュム」 カップ咲きでころころした可愛い花ですね。
これも棘が少なく上向きに咲きます。

オレンジの花は、葉の色が特徴で、
こういうのがひとつ混じってても面白いでしょうと(^^)/
あまりお色が変わらずでww撮り方すいません。。







page1_2017052720082405c.jpg

午後のトークショーのようすです。

オレンジの花は、「ラ・リューヌ」 樹形が開いてしまった時は、
オベリスクを差し込み、ローズフックというS型フックで止めて寄せると、
簡単に整いますよ、という実演ですね。

ピンクの花は、「リアンローズ」
これは意外と可愛くて皆さんに人気でした。

パープルの花は、すごく良いなと思ったけれど・・
お名前がわかりません。マイクが時々、ガナルんだもの。。
後で聞けば良いのだけど、スタコラサッサと帰りましたのさ。(*´Д`)=з




page2_2017052720124248c.jpg

ラスト・・バラに合う宿根草です。
上の細長いのは、名前不明のすごく背高ノッポの子!
真ん中のピンクは、初めて見た「ディエラマ」腰高くらいまであります。



もう一回分あるのですけど、バラを育てているのに
クシャミが出そうという声がありました。
アレルギーなのかしら?それともたくさんの写真にゲップがでるとか?(笑)

なので、残りは別サイトにアップします。
自分のリンクを張るのはあまり好きではないので・・しません。
以前のタイトルでアメブロです(^^)v



今夜も見て下さってありがとうございます♡
ふぅ~疲れた(笑)けっこうしんどいのよ。。pp
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ


プロフィール

miyako

Author:miyako
趣味や庭仕事、お出かけのことなど、日々の暮らしの小さな発見と感動を綴っています。
2017年9月からヤマハ青春ポップスに参加しています♪
現在、夫1、猫1、犬1と暮らしています。
おっとりしている反面そそっかしやの天然系。
毎日笑顔でいられたら今が一番幸せ!

検索フォーム

ありがとう♪

現在の閲覧者数:

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR