美夜子の At will* 綴り 

花と樹木、土のある暮らしが好き♪ 小さな幸せと旅のこと、日々の暮らし事を綴ります。

月見御殿雛


こんばんわ~☆

城下町のおひなさん・・
幕末に創業された老舗の漬物店
「養肝漬宮崎屋」の150年近く前のおひなさんです。






現在の社長さんは6代目・・
月見御殿は初代が手に入れたもので、
小さくて精巧な人形たちです。






よーく見ると・・目
おひなさんと三人官女の間に、二体置かれてます。
何なのだろうと奥様に聞いてみましたが・・
分からないと言うことでした! アチャァ

一体は三宝を持って、もう一体は・・・何か入れ物のような?
奥は暗くて見づらいのです。
二体も、うっかりしてると気づきません。。。





古風で小さな人形が三〇体ほどあります。
下は大名行列を模したものですね!






こちらの翁は、ご家老みたいなものでしょうか?
やっぱり細くて高い鼻をしてますね~
( ´艸`)






代々受け継がれてきた木造の御殿。
一つ一つの部品を組み立てなければならず、
半日かかるといいます。

御殿の屋根はありません。。。
とても歴史を感じさせます!



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆





もう一組・・こちらは旧沖森邸にあった古雛。
文化十年(1813年)のものです。
おぉ~200年前ですZO~びっくりマーク






シックな落ち着いた色合いでございます。
昨今は華やかさが求められ、豪華になってきておりますわね!





なかなか表情やポーズも面白く
一体ごとに物語があるようですね!
(^-^)/








養肝漬けとは:

白瓜の芯を抜き、
中にしそ、生姜、きゅうり等を細かく刻んだものを詰め
たまり醤油で漬けた物




写真拝借


かなり辛いのでおかゆや、ご飯にまぶし
おにぎりにして食べます。
又の名を鉄砲漬けともいいます。
鉄砲に火薬を詰める姿に似ているから・・




それではみなさま
明日もおすこやかにハート





ペタしてね



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momokuri3kaki8519.blog.fc2.com/tb.php/914-a9bbee56
該当の記事は見つかりませんでした。