美夜子の At will* 綴り 

花と樹木、土のある暮らしが好き♪ 小さな幸せと旅のこと、日々の暮らし事を綴ります。

サルスベリ★人類はなぜ2本足になったか・・


サルスベリの白が咲きました。
寄せ植えで使っていた分でまだ小さな木ですが、
放って置くと鉢から根が出て固定してしまうかもで、
早く地植えしなければいけません。




002a_20170808192623c59.jpg

“猿も木から落ちる”というすべすべ肌のサルスベリの木ですが・・
さてみなさま!
人間はどうして2本足で歩くようになったのでしょう?
面白い話が載っていましたよ!
今日は新聞ダネからのお話です。




020a_20170808192625540.jpg
紫色はお散歩カメラからです。

これまで人類は900万年~800万年前ごろから
乾燥による森林減少のため、
森から草原へ進出し、2本足歩行を始めたとされていました。

森林の樹の上で暮していた時も、高温になった際には、
樹の下の涼しい地上で生活するようになった可能性があるそうです。




page1_20170808192625cfd.jpg

これはチンバンジーやボノボ(ビグミーチンバンジー)の観察で分かったと、
京大の動物生態学の研究員さんが発表されたのですね。(7/18)

竹元博幸さんとおっしゃる方が、アフリカで気温を計測し、
樹の上よりも地上の気温の方が涼しいことを確認した上で、
地上に下りていた時間と気温の相関性を調べたそうです。

低温の日は1日のほとんどを樹の上で過ごしていたが、
高温になると地上にいる時間が増える傾向がみられ、
季節による温度差が激しい地域の方が、著しかったようです。

暑いと猿も木から落ちるのではなく、“おりる”というわけですね!

森林の化石にも2本足歩行の形跡があったといいます。
草原に出る前にも、気温の高い日は、
体温調節のため地上で生活していたと考えられたのでした。

※中日新聞参照




029a_20170808192631ca7.jpg

同じくお散歩カメラから「コブシの実」です。




019a_20170808192627ee4.jpg

こちらはご近所さんの畑にある「ムクゲ」の白花です。




017a_20170808192628d00.jpg

サルスベリ、ムクゲそしてキョウチクトウは、
夏の庭を彩る三大花木といわれていますね。
白花いいな~♪




004a_20170808192630266.jpg

ピンクの花は我が家のムクゲです。
高い所に咲いてしまって上手く撮れませぬww



台風はまだまだ油断が出来ませんよ!
進行方面の方はご注意くださいませ。
我が家は花筏の鉢が倒れただけでした。置き場所が悪かったのね。。



今夜も見て下さってありがとうございます♡
あ、タイタンビカスが1本折れていました。そして開花はゼロです。
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ


該当の記事は見つかりませんでした。