美夜子の At will* 綴り 

花と樹木、土のある暮らしが好き♪ 小さな幸せと旅のこと、日々の暮らし事を綴ります。

体験バラ講座*


昨日のお出かけは、大野耕生さんのバラ講習会でした。
今年もセッセと出席することに致します(^^)/




007a_20170119185026718.jpg

午後の部は、行くまで気がつかなかったのですが、
体験学習になっていましたの。
テーマは「冬剪定のコツ」でした。




page1_2017011918502762b.jpg

体験したい人は、赤塚の花をお借りするのですって!
私は見学をすることにして鉢は選びませんでした。
簡単なお話の後、実践の始まり~




016a_2017011918502834b.jpg

赤塚のスタッフさんも何人か応援して、いくつかのシマが出来ます。
ご自分の鉢の持ち込みもOKでした。




page2_20170119185029aaa.jpg

やはり耕生さんの所にたくさん集まりますわね。
マイクを付けてるから余計気になりますもん^^

こちらの方は持ち込みのバラ鉢=バーガンディーでした。
まだお花が何輪か残っています。
サッパリと仕上がりましたわよ!

冬の剪定の目的は・・
古い枝・細い枝を取り除き、新しい枝を促すため、
そして自分の思い通りに咲かせるために行います。





014aa.jpg

こちらのバーガンディーさんは、知らぬ間にカミキリムシが
おいでになっててww 知らぬ間に出て行かれていたのですよ~(>_<)
穴を埋めて置くようにとおっしゃっていました。

そして根元に付いているテープは他の虫も入り込む元になるので、
取った方がよいとのことでした。
剪定をすることで見つかって良かったですね!

鉢から抜いて根の状態も見てあげること。




page3_20170119185137477.jpg

お隣の人も持ち込みです。
まだ迎えて一年くらいのモノだったかしら?
お名前がちょっと聞き取れなかったのですけど、
河本さんのバラだったように思います。

ここではバラによって肥料のやり方が違うお話をされていました。
わ~難しい。。
やり過ぎて花が固まって開かない場合もあるそうです。




017a_20170119185138e2f.jpg

こちらは切られていたものを、尚の事、カットされます。
ドキッとするほど短くしてしまいましたわよ!

ポイント・・
剪定の時期は、寒くなりしっかり休眠してから。
すると古い太い枝も切ることが出来る。

枝を見極め、花も蕾も新芽も、ベーサルシュートもカットだそうです。
春には必ず良い芽が出て来るからって!

そして・・天気の良い日を選ぼう!と。
これは、切り口が早く乾き、枯れこみが少なくなるからだそうです。
まだ他にも細かいことはありますけどね!全部は書ききれないのだ。。




page4_20170119185140c1d.jpg

重なった枝とかは、ツルバラでなくても 枝を水平にすることで
株も大きく見え、花もたくさん付きやすくなるといいます。
そんな時は、ローズスタイリストを使うと良いということです。(矢印のところ)

・・ということで、私もローズスタイリストと、
とうとう皮の手袋を購入いたしました(^o^)/



◉雪は枝折れのおそれと、融けた時に重みがかかるため
早めにバサバサと落としてあげること。
◉皮の手袋で土は触らない、早めにオイルを塗っておくよい。

etc


今夜も見て下さってありがとうございます♡
次回は植え替え体験がありますが予定あり。どうしようかなぁ・・
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



「つるバラの誘引方法」バラ講習会


今年最後の大野先生のバラの講習会は
つるバラの剪定と誘引方法でした。




001a_20161215194427f06.jpg

実際の株を使って誘引を実演して下さいます。





002a_20161215194433d1c.jpg

右側の札がひっくり返っているものは、「アイヴァンフォー」
どれにしようかなぁで、この鉢になりました。
後程、変身いたします!




005a_20161215194429877.jpg

つるバラって思った以上に大きくなるんですねぇ。
私はまだこれくらい・・イヤもっと小さい鉢植えしか持っていませんが、
後学の為にもお話を聞きに行きました。




page1_20161215194431480.jpg

こちらの大鉢のバラ「マダム・アルフレッド・キャリエール」は
すご~く伸びていますね。長い!。
前後して見ていますから向きが反対になっていますけど、
株元からシュートがびゅ~~んと伸びています。

この長い枝を使って、いろいろ説明をしてくれました。
寒い時期ですけど、新芽が膨らみ始める今が適時であること。
今ならまだ枝が柔らかく、固くなると仕立てにくく、
折れやすくなるから早いとこ癖をつけようってことですね。

フェンスに誘引する場合は、なるべく水平にすること。
そうすると、揃って花が付きやすくなるとそうな。
コツは品種性を知り、理想の姿を思い描いてスタイリングすること。

イメージがあると誘引しやすくワクワク出来るでしょうって!
今ならクリスマスのイルミネーション・イメージかなぁ♪




006a_20161215194430137.jpg

あゝ、そうそう・・今回の講習会には年配の男性がたくさんいましたよ!
けっこうハードな仕事なのかも知れませんね。

品種別タイプとは・・
クライミングタイプ⇔マダムアルフレッドやピエール・ドロンサール
シュラブタイプ⇔レオナルド・ダビンチやアップルシード
それからラングラータイプというのが、一番手間がかかるのだとか。

クライミングは外してやり直す方が綺麗になる。
ラングラーは、外さなくても良いのだそうです。

暴れて枝が混みあい、いらない枝が分かりづらいので、
コツはいらない枝を切って、抜かないで暫くそのまま置いておくこと。
すると枯れ枝になって外しやすくなるし、
間違って残したい枝を切ることがなくなるそうな。
シワシワになった枝をカットして、上から抜けば棘が刺さることもないとな!




017a_20161215194516432.jpg

アイヴァンホーが、こんなにサッパリと出来上がりました!

良い枝、悪い枝を見極め、残した全ての枝にハサミを入れます。
この時に使うハサミや便利な道具類の紹介もありました。
小さなノコギリがとても便利だと言うのですが・・高い~www

ビ二タイよりコーティングタイプのワイヤーの方が枝を痛めないとか、
麻紐の使い方のコツなど述べながら、
バルーンアイアンに誘引していかれました。

葉はむしり取り、葉を取った後に、
マシン油などで消毒しておくと良いそうです。
※マシン油は丸坊主の時に使います。葉につくと光合成をしなくなる。
剪定後に薬剤散布をすることで、越冬する病虫を駆除しておきましょう!




page4a_2016121519451970d.jpg

そしてその後、今年の部は今回で終わりということで、
ありがとうの特別プレゼントがありました♪

スタッフAsさんより、バラの香りいろいろグッズセット1名様。
スタッフAoさんより、カレンダー又は、ニューローズの本を5名様に!
耕生さんからは、お菓子の箱と大きなシクラメンの鉢プラス、
グローブが2点です。これを1名様に!




016a_20161215194520f7a.jpg

ジャンケンで見事勝ち得た男性です!
奥さまと一緒に来られていました。
夫婦でバラ作りって良いですね~(*^_^*)


今夜も見て下さってありがとうございます♡
明日もかなり冷え込みます。温かくしてお過ごし下さいね!
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



目からウロコの寄せ植え術!


018a_201611102007369e5.jpg

何とか王子という方がいろいろ出て来たことがありましたが、
みなさまは“寄せ植え王子”さんをご存知でしたか?
私は知らなかったのですけど、今日はこの方の講習を受けに行って来ました。
毎度!うろちょろしております。ふぇふぇ




002a_20161110200738b7f.jpg

こちらがその王子さま、jungle berryの富田 英明さんです。
赤塚さんにやって来てくれましたので、勿論行って来たざます!
無料ですもの♪ルン




page1_201611102007397ae.jpg

私も他の先生のコンテナ教室に行っておりますけど、
富田さんの寄せ植えは今までやったことのないやり方でした。

見て良し、可愛ければ良し、楽しければ良し!
アレンジメントや切り花のように植え込むというものです。
植えた時に形が出来上がっている!そんな感じです。

普通、土が見えていてもの足りない感じだけど、
暫くしたら落ち着いてモリモリと恰好が付いてくる。
そういう認識でしたよね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ところが富田さんのは、2~3ヶ月もてば良し!
あとはバラして地植えで育てるというものなのです。
これは花のサイクルが、大体それくらいだから・・

こちらは↑、そんなにたくさん入るのぉ?というくらい花苗をほぐして入れ、
最後にアイビーをバラして入れ込んでいるところです。

アイビーも普通は、外に向けて垂らしておきますが、
これは内側に向けて、花に絡ませ自然な形を作るのです。
じきに葉先が外に向かって新芽を伸ばします。




005a_20161110200741860.jpg

私は寄せ植えがホントは苦手なんですよww
あの後から土を入れる方法より、ホジホジして埋め込みたい方なんです(笑)

でも富田流では、花をギュッと入れるから後は周りに入れるだけ!
真ん中辺りは少し足して、鉢をポンポンとして落とすのです。

そして水やりは植えた時に容器の2倍くらいタップリやっておくのだそう。
もしくはバケツに付け込むのだとか。
後は乾いたらやる、チョビチョビやらないというもの。

他にも細かいことはいっぱいありますけど、ざっとこんなものです(^^)/




008a_20161110200742b61.jpg

これなんか面白いよ~
カルーナの間から葉ボタンが生えているみたいなんですよ!
逆?葉ボタンの間からカルーナが出ている!?




016a_20161110200822642.jpg

終ってからの質問タイムです。
作品の即売会もありました!
ほんまに目からウロコのような寄せ植えのやり方でした♪




page2_201611102008248ae.jpg

・・とここで、話変わり、
今日病院から電話がありました。
いえね、
人間ドックのことなのですけど、12月に一応予約が取れていたのですが、
キャンセルがあったから来週にどうですか?というお知らせでした。




page3_20161110200825830.jpg

ちょっとまだ、心の準備が出来ていなかったけれど、
本格的に冬が来て着ぶくれする前に、受けることにしました。
ドキドキ





024a_20161110200827c1a.jpg

そしてーーーーーーーーー究極の寄せ植えがこちらです。
これは赤塚さんのディスプレィなのですけど、
この車(容器)いいですよね♪ほしい~




026a_201611102008281f5.jpg

またぞろ赤塚に行ったのは、この容器を持ち帰る為です。
抽選会で頂いたあの20数個のチューリップを、
ここに埋め込もうと思いましてね!(^_-)
地元にはなかったのだもの・・


明日は金曜日で本コメ閉じまする


今夜も見て下さいましてありがとうございます♡
まだまだ庭作業、やることてんこ盛りです!
Ate logo

※拍手コメントは、公開か否か選べる設定にいたしましたが、
お返事は先様にお伺いする形にさせて下さいね。
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



このカテゴリーに該当する記事はありません。