美夜子の At will* 綴り 

花と樹木、土のある暮らしが好き♪ 小さな幸せと旅のこと、日々の暮らし事を綴ります。

ヒーサ―の森から・・★よもやま話


今日は、赤塚さんの初めての試み・・
「宿根草の講習会」に行ってきました。
他にも目的がいろいろあって、ちょっと早めに家を出ました。




060a_20170617195709ac8.jpg

こんな素敵シーンを作る宿根草です。
手前は芍薬で、後ろの方がパープルのアスチルべです。
初めて見ましたよ、パープル!とっても素敵です♪




005a_20170617195656d9f.jpg

まずは、朝津味のこのランチが食べたくて・・
“森のプレート” いつも売り切れなんだものpp
土日は用意の数が多いということで。人気なんですね(*^_^*)

講習会はお店の方であったのですが、
先にヒーサーの森の初夏の様子を見に行きました。
車で5分ほど離れています。




010a_2017061719565765e.jpg

まずはローズガーデンに向かいました。
入口近くのの紫陽花も綺麗に咲いていますね♪




page4_20170617195658cf5.jpg

前から気になっていたバラのお名前がやっと分かりました(^^)/
デルバールのバラで「ブリーズ」といいます。
そよ風という意味だそうで、カップ咲きの淡いピンクの花です。

香りも爽やかなそよ風のよう・・
ころんとした可愛い姿で、耐病性が高く育てやすいみたいですね!
うどん粉病にも強いとか。

ところが、茎が丈夫だから花は俯かなくて、
棘も大きくしっかりしていますww
なので上向きに全部咲いていますわね。切り花によいかも^^
一応四季咲きとなっていますが、秋は期待できないそうです。




022a_20170617195700899.jpg

そして何気に気になったこのシーン!
うきゃ~ 近づいて見ると・・
ほらぁ、バルバラさんじゃございませんか♪




024a_2017061719570137e.jpg

やっぱり魅かれる、このお姿!
終わりかけでも何て美しい~☆
オマージュ・ア・バルバラ

私って、どうもデルバールのバラが好きみたいですねぇ




page3_201706171957039af.jpg

はいはい、しっかりお連れしていますとも
だけど・・何枚撮っても正しい色が出なくて苦労しています。。σ(^_^;)
まだまだ楽しめそうですよ♪

・・ということで、amocsさ~ん!
もうありますのよ。ありがとうございます(^^)v




  




068a_20170617195706b1f.jpg

ところで、時間の許す限り園を周っていて見つけたこのお花。
みなさまご存知でしょうか?
この葉っぱは見覚えがありますが、花が咲くのは知りませんでした。

メラレウカ(ティーツリー)です!
あら、この前masaさんのところで見たものですやん。まままっ

いろんな種類があるようで、これはカッパグローといいますの。
最近人気で垣根にも利用されているようですよ!




086a_201706171957072c8.jpg

こんな花が咲く物もあります。これはメディカルツリー。
虫を寄せ付けない常緑樹で、香水の原料となる木でもあります。
葉を揉むと香りが出ます(^^)/

俄然、興味が湧いてきました!




089a_20170617195704f73.jpg

で、宿根草でありますが、たくさん連れ帰りましたよ!^m^

今日はいろんな話がゴチャゴチャですが、
明日は講習会のお話です。

お写真の整理が出来てなく、
またお写真が溜まるので、今日は抜粋してのご紹介となりました。


今夜も見て下さってありがとうございます♡
思いきり長くてごめんなさい。。遅くなった~!アッセアッセ
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ





光と影ーShadow


021a_201705142237336b3.jpg

目玉だよ~♪

光のARTの続きです。
ガラスで窯変天目のような表現をした作品です。
※窯変=曜変とは、「星」又は「輝く」を意味する。
(昔、修学旅行のお土産で買った物のデカいものみたい・・)




page2_201705142237359ec.jpg

豚とお猿の顔はワイヤーアート。
下の段はどちらも写真をひっくり返しています。
どういう風に見ても芸術なのだ!^^




019a_20170514223736b47.jpg

こちらは、建具でございます。
とても上品で綺麗でしょう!
が・・ワタクシ、裏にまわって驚きました。




020a_2017051422373712e.jpg

何と緻密で繊細な技術でしょう!
卓越した技です!
継承されていくべき見事な技法ですわね。

愛知県の松井建具店のテーマは、それこそ光と影、明と暗があります。
光の柔らかさ、やさしさで空間を包み込むようですね。




page1_20170514223740dbc.jpg

もう一つ、素晴らしいものを見せてもらいました。
こちらは、『組み木絵』という、木で出来た“絵”で、
中村道雄さんの作品です。




005a_20170514223740934.jpg

見て下さいよ!
このひとつひとつのパーツが、数十種類の木を使い、
いっさい着色せずに、木目を生かしながら組まれているんですね。

これも木の持っている暖かさや優しさを感じる作品でした。
自然との関わりや重要さ、そして人間も自然の一員なのだと
感じてもらいたいという作者の願いがこもっています。




028a_20170514223742725.jpg

ラスト、もう一枚は三代沢氏の作品、「竹の銀河」です。

他にも各作者の作品は、ありましたが全部は撮っていません。




page2 (2)

史跡のお庭もゆっくりと廻ってみました。
今は水のない池があって、勾玉の形をしていたのですねぇ。
そしてツツジの大きな古木、根っこの方がすごかったです!




035a_20170514223745095.jpg

マツバウンランが、そよいでいたので、
息を殺して写してみました(笑)



本日は、ツアーに出かけておりまして予約投稿です。
みなさまの処、回りきれるかどうか・・?
ごめんくださいませ



今夜も見て下さってありがとうございます♡
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



“光のART展”2017


連休の最終日に行ってきました。
光のアート展Ⅳ
今年のテーマは「光と影ーShadowー」




015a_2017051319413448d.jpg

ダイナミックな作品です。
毎回、講堂いっぱいに繰り広げられる三代沢信寿氏のオブジェですね。




017a_201705131941365f2.jpg

全国から集まった14名のアーティストの
総合プロデューサーでもある造形染色作家さんです。




018a_2017051319413766b.jpg

タイトルは“あかりの宇宙”




page3_201705131941380ad.jpg

「光」があれば「影」ができる。

様々な素材を使い、創造性あふれる作品を、
お買い物に出かけたついでに拝見して来ました。




044a_20170513194139f7f.jpg

場所は、通称「赤門」と呼ばれる
史跡旧崇広堂です。
こちらの門は弁柄塗で、藤堂藩の学生の通用門として使われました。




046a_20170513194141774.jpg

こちらは2年に一度、お殿様が来た時に使われる御成門。
もうお殿様はおいでになりませんから、ずっと閉ざされたままです(^m^)




009a_20170513194142c0f.jpg

これはタイルのジクソーパズルになっているのですが、
よく見ると一片は、手裏剣の形なのでした。




page2_201705131941444cf.jpg

手裏剣ピースを埋めていくと、千鳥格子のようになるんですね!




025a_20170513194145c53.jpg

手裏剣といえば忍者でございまして、
我が町には至る所に忍者が忍んでおります。
毎年、春には忍者フェスタを行っており、アート展もその一環です。




043a_201705131941478dd.jpg

こちら、観光忍者でございま~す!
この日は暑かったからノースリーブですなぁ♪

・・ということで第2部がいつか登場します(笑)



今日は雨降りでとても寒いです。
残りの灯油を炊いてしまうべく ヒーターを点けていますが、
今は設定温度を越えたので止まったままです(笑)


今夜も見て下さってありがとうございます♡
ささっ、国際バラとガーデニングショーのビデオをみましょうっと!
Ate logo


※拍手コメントに、お返事は出来ませんが、
こちらの素敵なお便りも嬉しく読ませて頂いております♪
いつも応援ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ



このカテゴリーに該当する記事はありません。